グリーンスムージーで効果が出ない人のダイエット成功の7つの約束

 

グリースムージーダイエットが流行になったように、

ダイエットの効果を期待して行う人が多くなってきました。

だけど全く効果なしで挫折する人が多いのも事実です。

ダイエットが成果を出すには酵素で免疫力を上げることも、

一見関係のないように見えて密接な関係があるのです。

 

太る原因のほとんどは食べ過ぎによるものです。

その食べ過ぎとは何も考えずとか低カロリーばかり意識して、

実は本当に体に必要な栄養素が不足しているからに他なりません。

必要な栄養素とは5大栄養素であるビタミン・ミネラルのことです。

そしてビタミン・ミネラルは代謝に重要な役割を担っているのです。

今回は、グリーンスムージーの効果を上げるための方法として、

食事だけでなく生活の仕方も合わせて7つの約束をお伝えします。

 

【1】食事の基本は「生」のものを心掛ける

 

酵素は生野菜や果物に多く含まれています。

酵素を胃の中に入れることは消化を強くサポートしてくれます。

消化が良くなればそれだけで体内酵素の量がグンと増加します。

そして注意したいのは48度以上加熱することで、

酵素そのものが死んでしまうということにあります。

なので食事の基本は「生」のものを心掛ける必要があります。

 

ただそれは食事をするときの一番最初に意識するだけです。

肉や油ものを食べる前に先に生野菜や果物を食べておくだけで、

体内に必要な栄養素も効率よく摂取できるようになります。

その結果、太り難い体質へと変えていくことができます。

 

【2】朝食は胃に負担をかけない野菜や果物

 

ダイエットのために朝食を抜く人が多いです。

理由は食事を制限することで体重を落とすためですね。

食事をとらないことがそのまま体重を落とすとは間違いです。

朝は生野菜や果物だけは食べることが非常に大切です。

 

また朝にしっかりとした食事をとることも胃に負担が掛かります。

なぜなら睡眠で半断食状態となっているので胃が疲れるからです。

運動でもいきなりフルパワーは体が重くてできないですね。

それと同じようにまずストレッチをすることが重要です。

そしてそのストレッチの要素が生野菜や果物にあたるのです。

 

【3】免疫力UPには食物繊維

 

海藻類・きのこ類・芋類など、

食物繊維がたっぷり含まれた食材を摂ることが大切です。

これは【まごわやさしい】がダイエットに与える効果は絶大にて、

太らない体質にするためにも重要な食材となります。

 

また腸内環境も整えて便秘の解消にも繋がっており、

腸の健康状態が免疫力やダイエットに大きく影響します。

便秘や下痢の人は免疫力が下がっている傾向にあるので、

食物繊維を意識して食べることが大切です。

 

【4】体をしっかり温める半身浴

 

半身浴はダイエットでも効果があると言いますね。

体が冷えていると血液循環が滞ってしまうので、

全身に栄養が運べないだけでなく老廃物が溜まってしまいます。

老廃物が溜まるということは美容にも悪影響を及ぼしてしまうです。

腸の働きを鈍くして免疫力や痩せにくい体にもなってしまいます。

 

なので極力、身体を温めることはとても大切なことなのです。

また半身浴は冷え性の解消にも効果がありますがそれだけでなく、

夏場などエアコンの効き過ぎる環境なども注意することも大切です。

冷たい環境や体を温める環境を意識して作っていくことが、

痩せやすい体にしていくためにも重要なこととなります。

 

【5】食べ過ぎに注意して小食にする

 

痩せるためには今までの食習慣を変える必要があります。

また食べ過ぎることそのものには良いことはないのです。

食べ過ぎることは酵素を必要以上に消費することになります。

消化しきれなかったら食物が腐敗して腸内環境が悪化します。

なので肉などは食べ過ぎることに特に注意する必要があります。

オナラの臭いが強い場合などは腐敗していることが原因です。

 

日本ではよく「腹八分目」という言葉がありますね。

ですがダイエット成功のためには「腹六分目」くらいでも十分です。

普段から小食を心掛けると胃を適度に休めることができますし、

酵素が消化に十分に使われるので栄養の吸収も効率よく行われます。

その結果、代謝も上がることによってダイエット効果も上がるのです。

たまには判断食をしてみるのも胃や腸の健康のために良いでしょう。

 

【6】体作りの基本である良質な睡眠

 

体内の酵素はいつ作られるかお分かりでしょうか。

それは寝ている間に酵素は作られているのです。

筋トレをして筋肉を破壊して睡眠などの回復によって、

筋肉が強化されているのと同じように酵素も睡眠が重要です。

なので良質な睡眠は酵素作りに欠かせないものとなります。

ダイエットや美容において重要な代謝も睡眠がカギなのです。

 

ですが、ただ睡眠をとればいいというわけではなく、

最低でも午前0時には眠りに入り、7~8時間は睡眠をとることです。

因みに美容に良いゴールデンタイムは午後22~午前2時の間です。

この時間に睡眠をとることでターンオーバーが促進されると言いますが、

成長ホルモンの分泌は入眠後3~4時間なのでなるべくの意識で十分です。

忙しい現代では夜22時からの睡眠なんて難しい人が多いと思います。

それよりは睡眠時間の確保を優先する方が現代向きと言えます。

 

【7】酵素の大敵「活性酸素」を除去

 

活性酸素は老化の原因とも言われていますね。

そして酵素の働きを阻害するので大敵とも言えます。

主にストレスや喫煙、お酒の飲みすぎや睡眠不足です。

これらの行動は活性酸素を増殖させて酵素が有効に使えなくなります。

 

酵素の働きが鈍ってしまうということは、

体の免疫力も落ちてしまうので健康を害してしまう恐れがあります。

酵素を有効に使うことはダイエットや美容や健康に影響します。

そのためには悪しき習慣を断つことが必要不可欠なことなのです。

いくらグリーンスムージーを飲んだり上記の項目を意識したとしても、

活性酸素の原因となる行動をやめなければムダになってしまうのです。

まず何をやめるかを考えることが何よりも大切なこととなります。

 

グリーンスムージーの効果を最大限に引き出すために

 

いかがでしょうか。

上記の7つの約束を意識して行うことで、

グリーンスムージーの効果を最大限に得られるようになります。

また朝昼晩のどのタイミングにも置き換えても良いので、

 

  • 朝なら生野菜や果物を食べて一緒に飲む
  • 昼なら昼食に飲んで途中で間食を入れて夜まで持たせる
  • 夜なら夜中に空腹を我慢できないなら納豆やもずくを食べる

 

これはほんの一例に過ぎませんが、

あなたの生活の中で上手く工夫して取り入れていくことが大切です。

自分の続けやすいパターンで朝昼晩のどれかに取り入れて、

生活の当り前の習慣にしていくと良いでしょう。