みなと神戸花火大会 2017

 

みなと神戸花火大会は、

毎年8月の第一土曜日に開催されます。

兵庫県内では最大の花火大会と言われています。

 

魅力は何と言ってもクルージングで楽しむことができること。

有料席でのゆったりとした気持ちで楽しむなんてのもいいですね。

今回は、みなと神戸花火大会2017年度の詳細や日程を紹介します。

 

日程について

 

2017年のみなと神戸花火大会の日程は、

8月5日(土)に19時30分から8時30分の予定で開催されます。

兵庫県神戸市中央区 / 神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖海上)

公式HP:第47回みなとこうべ海上花火大会 公式サイト

 

今年は神戸港開港150周年を記念して、

打ち上げ花火数を15000発に増やす予定です。

なお打ち上げ会場は新港突堤からメリケンパーク沖辺りで、

三宮から神戸辺りからならたいていは見物できるのが、

海上花火大会の良いところです。

 

みなと神戸花火大会には、

有料の観覧席が用意されています。

個人席は、新港第二突堤と、

新港第4突堤のポートターミナル西側2階と3階に設けられます。

料金は前売り券3100円、当日券3600円です。

当たり前ですが予約していた方が割安で確実に見物できます。

なおトイレや売店もあります。

団体席は新港第一突堤と新港第二突堤に観覧席が設けられます。

値段は1口10席5万円です。

 

無料で見物できるポイントは主に次の4ヶ所です。

まずJR神戸駅南のハーバーランドのモザイク周辺です。

例年だと16時45分までに入らないと入場規制がかかります。

その先のメリケンパークでは18時から入場できます。

 

次にJR三宮駅から南に歩くと新港突堤があります。

無料で見物できるのは主に第三突堤です。

18時から入場できますが、それまでに並んでおく必要があります。

 

次はポートアイラインドのしおさい公園です。

ポートライナーの中公園駅で下車します。

こちらは入場制限などはありません。

 

いずれにしても神戸港周辺は大変混雑するので、

有料席を予約するか、

遠めでも六甲山系の山のふもと辺りから見下ろすのが、

楽に見物するポイントです。

 

お勧めの穴場スポット

 

みなと神戸花火大会といえば夏の神戸における一大イベントです。

毎年兵庫県内はもちろん県外からもたくさんの見物人が訪れます。

ただその分人が多いので中々花火を集中して目に焼き付けることが出来ません。

そういったときは穴場スポットから見ると花火を思う存分楽しむことが出来ます。

 

穴場スポットとしてまずおすすめなのが北公園。

ポートアイランドの北側にあり、花火打ち上げ会場との距離も近いため、

大迫力の花火を楽しむことが可能です。

公衆トイレも完備されてあるので、

すぐにトイレにいけるのも観覧する上では嬉しいポイントです。

ただしこの穴場スポットを知る人も少なくは無い為、

早めに行って陣取るのがおすすめです。

 

少し遠くてもいい人には兵庫埠頭がおすすめです。

花火会場から離れている為それほど人も集まりづらく、

場所取りがし易いです。

遠いといっても視界を遮られることがなく、

花火を満喫できるまさに穴場スポット的場所です。

 

行き方としては、

市営地下鉄海岸線中央市場前駅から歩いて15分程で付くことができます。

人ごみを避けて花火大会を楽しみたい際には、

ここへ訪れるのも選択肢に入れといても間違いはありません。

 

夜景を楽しみながら花火大会を楽しむならしおさい公園があります。

近年知名度も高まっている為、

人でも多いですが敷地が広いので場所取りも比較的困ることはありません。

特南側は空いている可能性が多い穴場スポットです。

 

是非紹介した穴場スポットで花火大会を楽しみつつ、

特別な一日を過ごしてください。

 

有料席の詳細について

 

みなと神戸花火大会は約30万人の来場者が見込まれています。

ハーバーランド、メリケンパーク、ポートアイランドなど、

神戸市中央区内の各地で見学することができます。

 

当日は、有料席の設置もされます。

有料席は、第2突堤と第4突堤の2ヶ所に設置されます。

昨年の実績では、第2突堤が前売り券で3,100円、

約17,000席分のチケットが販売されています。

 

前売り券の取扱店は、JTB神戸三ノ宮支店、

近畿日本ツーリスト三宮支店営業所、

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、チケットぴあ、

神戸海洋博物館、神戸ポートタワーです。

 

一方で第4突堤(ポートターミナル・西側2階、3階デッキ)は、

当日券のみで3,600円、約3,000席分のチケットが販売されています。

当日券の取扱いは、ポートターミナル3階にて、

当日の午後1時から販売開始です。

 

有料席はチケットを持っていれば再入場が可能です。

第2突堤や第4突堤では露店の出店もあり、

飲食をしながらゆっくり花火を見ることができます。

 

有料席を利用される場合のポイントとしては、

混雑を避けるため、19時にはトイレを済ませておくとよいです。

座席の確保はできる限り通路側の席か前が通路の席を確保するとよいです。

花火が打ち上げられているときは露店の商品が安くなることもあります。

 

来場者が相当多いため、

ゆっくり見たい方には有料席を購入されることをおすすめします。

 

お勧めのホテルどこ?

 

みなと神戸花火大会を観るために多くの見物客が集まってきますが、

神戸は神戸港と港を見下ろす六甲山系が名物です。

客船が神戸港に近づく時の大きな目印は、

六甲山でその向かって左側が神戸港になります。

 

神戸港で行われるみなと神戸花火大会は、

神戸港の沖合から花火が打ち上げられます。

港の周辺を中心に約30万の観客が集まり花火を楽しみます。

約20年前の神戸大震災の時はみなと神戸花火大会は開催されませんでしたが、

それ以外は毎年夏場に開かれています。

 

海上からの豪快な打ち上げ花火なので港の周辺だけでなく

神戸市内の一般住宅やマンション、ビル、

高層ビルからも見る事が出来ますし、

遠くは六甲山系の山々からも見る事が出来ます。

 

最近では神戸市内の高層ホテルがみなと神戸花火大会に合わせて、

特別なイベントデーを設け、

特別なメニューを設定し最上階の特別室を用意したりしています。

一般のホテルでも見晴らしの良い部屋に、

特別食を組み合わせたスペシャルデー等を企画しても、

売り出しと同時に完売になるケースが多々あります。

 

又各旅行会社も花火大会と、

花火が見えるホテルの宿泊プランを用意したりしたりしています。

港の周辺の公園や路上からも打ち上げ花火は見る事が出来ますが、

蒸し暑さを忘れてゆっくりした雰囲気で、

花火大会を楽しむので有ればホテルの利用はおススメです。

港近くには最近建設された大型ホテルチェーンの神戸店が並んでいます。

それらの海側に面した各部屋は花火を見る絶好のロケーションになっており、

お勧めのホテルとなります。

 

クルージングで花火を楽しむ


 

国際都市としても知名度もある神戸で、

夏に開催される花火大会としてはみなと神戸花火大会があります。

普通の日でさえ夜景で有名な街ですが、

その日は夜空に彩りを添えるイベントとなります。

 

今回は第47回目となりますが、

神戸が開港されてから150周年ということで、

それを記念して約15000発に規模を拡大して打ち上げる予定となります。

来場者も例年約27万人が集いますので、

2017年度もそそれと同じくらいの人の混雑が予想されます。

 

みなと神戸花火大会の魅力はクルージングが優れ、

海上に専用の客船で出航して海上から花火を楽しむことができる点です。

もちろん陸上で楽しむ花火大会とも違うため、

圧巻の趣きがある企画となります。

 

クルージングでは、

18:50~21:20からみなと神戸花火大会に合わせた特別運行ダイヤとなり、

また夕方から夜のディナー時に行われるため、

海上でディナーを楽しめる企画です。

フレンチコースや鉄板焼きコースが用意され、

豪華客船内で食事をしながら花火も楽しめるメリットが存在します。

 

みなと神戸海上花火大会のクルージングに関しては、

6月5日(月)より開始されますが、

6月12日現在では空きも存在し、

インターネットからの予約を受け付けています。

ただ早めに受付しないと空きが埋まる可能性もあるため注意が必要です。

 

打ち上げエリアの周辺は多くの露店も出店され、

大勢の方で賑わいを見せ、また海上からもその様子を見ることもでき、

市民にも親しまれた花火大会の雰囲気を堪能できます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

花火を見ながら家族や恋人と、

普段の日常とは違う雰囲気を楽しむのっていいですね。

ぜひ、今年の夏も楽しんで下さい!