横浜スパークリングトワイライト2017

 

今年も花火の季節がやってきましたね。

あなたは夏の予定はもう立てていますでしょうか。

今回は、いくつかの穴場スポットやお勧めの場所取りだけじゃなく、

混雑状況の予想やレストランやホテルについても紹介します。

ぜひ、イベントの計画にお役立て下さい。

 

打ち上げ場所・時間・内容について

 

今年の横浜スパークリングトワイライトは、

2017年7月15・16日に行われ、6回目となります。

毎年40万人以上の来場がある大規模なイベントで、

パレードやステージ・花火大会など、

横浜の海と港の魅力がたくさん詰まったものとなっています。

 

開催場所は、山下公園及びその周辺です。

花火の打ち上げ場所は、山下公園前の海上となります。

スパークリング花火という名称で、

19時30分から20時の30分間に3000発もの花火が打ち上がります。

また、花火の前後に繰り広げられるジュエリーポートも、

合わせて楽しむことができます。


 

打ち上げ場所周辺は大変混雑します。

特に16日にはスパークリングパレードが行われる為、

交通規制も出されます。

公共交通機関の利用が賢明です。

また、打ち上げ場所付近も同様に混みます。

HP:横浜市観光情報公式サイト


 

花火を見るための場所取りはどこがいい?

 

横浜スパークリングトワイライトは、

毎年約40万人もの来場があるビッグイベントです。

特に、横浜の素晴らしい夜景と花火のコラボレーションが楽しめるとあって、

花火大会の場所取りは容易ではありません。

そこで、場所取りにおすすめのエリアをいくつか紹介します。

 

花火を間近で見たい方におすすめな場所が、大さん橋です。

大さん橋から打ち上げ場所までに視界を遮るものは何もありませんし、

距離も間近です。

しかも山下公園ほどは混雑していないため、おすすめのエリアです。

ベイブリッジの夜景を背に大きな花火を楽しむことができます。

 

横浜の夜景とともに花火を楽しみたいという方には、

港の見える丘公園がおすすめです。

少し高い場所にあるため、横浜みなとみらいの夜景、

ベイブリッジや横浜港の景色、そして花火を全て楽しむことができます。

打ち上げ場所からの距離は若干遠くなりますが、

みなとみらいの夜景を背に花火を眺めることができるため、

景色を写真に収めたいという方にもおすすめです。

 

最後に、花火を静かに楽しみたいという方におすすめのスポットとして、

赤レンガ倉庫付近や臨港パークを紹介しておきます。

これらの場所には芝生のスペースもありますから、

寝転んで花火を見ることもできます。

しかも、会場から少し離れているため混雑はそれほどなく、

比較的静かに花火を見ることができます。

なお、臨港パークには広い芝生スペースがありますから、

場所取りにそれほど苦労することもないでしょう。

 

花火の穴場スポットはどこ?

 

まずは、赤レンガ倉庫です。

打ち上げ場所の山下公園から少し離れていますが、

広い海辺や潮風に吹かれながらそして、

夏といえばビールという方にはビールの販売もしています。

芝生もあるのでレジャーシートをもっていくとゆっくり鑑賞できます。

 

次に象の鼻パークです。

横浜スパークリングトワイライトの花火の打ち上げ場所から

結構近いので大きくきれいに花火が見られます。

比較的すいているので花火が始まってから到着してもストレスなく楽しめます。

ゆっくり楽しみたい方にはいい場所です。

 

次に、みなとの見える丘公園です。

みなとの見える丘公園は横浜港を見下ろす小高い丘の公園です。

横浜ベイブリッジも見える絶好のビューポイントです。

展望台から眼下に広がる港や横浜ベイブリッジの風景は最高です。

人もそれほど混雑していないので、

ベイブリッジを見ながら花火をみたい方におすすめです。

 

次に臨港パークです。

打ち上げ場所からは少し離れていますが、

周りが海なので花火がきれいにみえます。

芝生もあるので場所取りにも最適なスポットです。

みなとみらい駅から徒歩で11分ぐらいです。

 

花火はどのくらい混雑が予想される?

 

横浜の関内の山下公園やその周辺及び公園前の海上などで行われ、

土日に開催されるとあって周辺付近は大勢の人で溢れ、

混雑が予想されます。

 

見所は19:30から横浜港の夜空に3,000発の花火が打ち上げられ、

スポンサーリンク

昼間には街内のパレードや海上のシップパレード、

ライブステージ、シーサイドレストランバーなども開催され、

昼夜と尽きることなく様々なイベントが行われます。

 

横浜市や関内の街全体を挙げての企画が

横浜スパークリングトワイライトであるため、

昼夜を問わずに人が尽きることなく訪れます。

 

横浜スパークリングトワイライトは、

関内の繁華街をバックにして行われるイベントであるため、

当日は人や車などの混雑が予想されるため、

交通規制も行われますので注意を要します。

自動車で訪れる場合は駐車場の確保が必要となり、

駐車料金も割高になるため、

もし心行くまで花火大会を堪能したい方は交通機関を利用すると便利です。

 

ただ交通機関も混雑は必須で、

最寄り駅はJR線だと関内駅でみなとみらい線だと元町・中華街駅となり、

二つの駅では時間帯によっては長蛇の列が並ぶ可能性もあります。

ちなみに横浜スパークリングトワイライトの来場者数は、

2016年度だと二日間で約38万人に上り、

2017年度も予想としては同じくらいになると推測できます。

 

もっとも花火を楽しむ上では、

大桟橋ふ頭付近が見晴らしも良いため優れていますが、

多くの人も集まってくるために混雑する前に場所を取ると良いです。

 

花火が楽しめるレストラン

 

横浜スパークリングトワイライトでは、

スパークリング花火が行われます。

19時30分から20時まで、

3000発もの花火が打ち上げられるというイベントです。

 

イベントでは、シーサイドレストラン&バーが開かれ、

横浜の老舗のお店や名店がズラリと並び、

花火を見ながらグルメを楽しむことが出来ます。

 

また、周辺のレストランでは、

横浜スパークリングトワイライトの開催に合わせて

花火を観覧できるプランが用意されます。

いくつかのレストランを紹介します。

 

まず、「ニューグランド ル・ノルマンディ」です。

このレストランは、

山下公園に面したホテルニューグランドの5階にあります。

目の前に上がる花火を見ながら、

美味しいフランス料理を楽しむことができます。

男性の場合はジャケットの着用が必要ですが、

浴衣着の方も来店可能です。

なお、客室からも花火を鑑賞できるプランが有るため、

予約はお早めに。

 

次に、「ホテルモントレ横浜 エスカトーレ」です。

ここは、ホテルモントレ横浜の13階にあるフレンチレストラン。

ル・ノルマンディ同様、大きな窓から花火を楽しみ、

フランス料理を味わいましょう。

こちらでも、客室からも花火を鑑賞できるプランが有ります。

 

和食がお好みの場合は、

同ホテルの2階にある「日本料理 隨縁亭」をどうぞ。

こちらでも花火を見ながら食事を楽しむことが出来ます。

最後に、「スターホテル」です。山下公園沿いにあるため、

花火を見るには最高の場所です。

毎年夏になると屋上ビアガーデンを開催しており、

そこで花火観覧プランが用意されます。

 

お勧めのホテル

 

横浜スパークリングトワイライトをホテルで鑑賞したい方にお勧めのホテルは、

横浜グランドインターコンチネンタルホテルです。

山下公園や、大観覧車のコスモクロックなど、

観光スポットに徒歩でいけてしまうアクセスの良さがあります。

オーシャンビューの客室からは大きな花火がよく見れて迫力満点です。

花火大会は宿泊しなくても、

1階の屋外テラスでのレストランでの鑑賞も実施しています。

横浜スパークリングトワイライトの日程が決まったら、

なるべく早く宿泊の予約をするといいです。

 

次に横浜ベイホテル東急です。

横浜みなとみらいの中心にあるクイーンズスクエア横浜内にあります。

バルコニーがある部屋が多数あり、

海風を受けながらそして、

大観覧車の素晴らしい夜景を見ながら花火を鑑賞することができます。

クイーンズスクエアは商業施設なので昼はお買い物をして夜は、

横浜スパークリングトワイライトを楽しめます。

 

次に、ニューオータニイン横浜です。

こちらのホテルには花火鑑賞プランがあるので、

ディナーを食べながら花火をお楽しみいただけます。

予約時に花火鑑賞プランであることを忘れずに伝えておくことが重要です。

 

次にモントレ横浜です。

このホテルは花火会場の前にあります。

中華街からも徒歩3分なので昼は中華街で観光をして

夜横浜スパークリングトワイライトをホテルで、

くつろぎながらみることができます。

花火が見えない部屋もあるので予約時に「花火が見えるお部屋をお願いします。」

と伝えることをおすすめします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

家族や友達や恋人同士など、

または同性異性老若男女関係なく、

花火は様々なシーンで楽しむことができます。

また夏だけのイベントなのでせっかくなので楽しみましょう。