足立 花火大会 2017

 

季節は夏になって段々と暑くなってきましたね。

今年のイベントの予定はどのように考えられてますか?

 

暑い日差しばかりではなく花火のような夜に行われるイベントも、

涼しくなった夜に出掛けるので汗もかかずに楽しめると思います。

普段の日常とは違う花火独特の臨場感を楽しんではいかがでしょう。

今回は、足立花火大会2017年度の詳細をお伝えします。

 

打ち上げ花火の詳細について

 

足立の花火大会は、

都内でも有名な花火大会で規模的にも大き目となっています。

毎年、数十万人の人出でにぎわいます。

今年の足立の花火は平成29年7月22日(土曜日)に開催されます。

午後7時30分から8時30分 (荒天の場合は中止)

公式HP:足立区/「第39回足立の花火」開催決定

 

詳しい場所は、足立区内の荒川の河川敷です。

細かい場所は、千住新橋から西新井橋の千住側で打ち上げをします。

メイン会場は千住側となっていますが千住新橋から西新井橋の間であれば、

どこからでも花火の迫力を味わう事が出来るのです。

 

最寄りの駅は、

東武伊勢崎線、千代田線、日比谷線、常磐線、つくばエキスプレスの北千住駅、

もしくは東武伊勢崎線の小菅駅、五反野駅、梅島駅となります。

因みにどこの駅も1キロぐらいは歩くので少々遠いイメージがあります。

どこの駅からでも20分程度歩かないと会場に行く事は出来ません。

駅からバスを利用するのであれば北千住駅か梅島駅の利用が良いですが、

花火大会の雰囲気を楽しみながら歩いていくのが一番良い方法となります。

 

特に、北千住駅からと五反野駅を利用した場合は、

会場まで出店や屋台が会場までずっと続いていくので、

何が出店されてるのか楽しみが増えるようになるのです。

また道路によっては車が通行できないようになっている所も多数あるので、

車の使用は不便ですが歩いていく人には安全性は確保されています。

 

千住新橋から西新井橋の間ではどこからも花火を楽しむ事が出来るので、

込んでいる所を避けて比較的すいている西新井橋方向がおすすめであり、

帰る時も短時間で河川敷から脱出する事ができます。

これとは違い、大会本部周辺や川を挟んで反対側の正面付近は、

花火が終ってから河川敷を脱出するだけでも1時間ぐらい掛る事があるので、

効率の良い所を選ぶようにした方が良いです。

 

さらに注意点としてトイレは数多く設置されていますが、

それでも長蛇の列となりとても困る事になるので、

会場に行く前に出来るだけ済ませておく事で安心できます。

土手に座ってみる為には、早い時間に行けないと場所は取れないです。

また河川敷も2時間前ぐらい前に付くようにすれば座ってみる事が出来ますが、

地べたが砂の所が多いので座る為のシートを持参すれば、

ゆっくりと見る事が出来ます。

 

足立の花火大会は打ち上げ玉数の割には、

打ち上げ時間が非常に短いために、

1万発以上を一気に打ち上げる花火大会となるので、

始まりから終わりまで迫力を感じる事が出来ます。

 

穴場スポットはどこ?

 

足立の花火の穴場スポットは大きく分けて2つあります。

1つ目は西新井側方面の河川敷です。

千住側の方がより近く臨場感がある花火を鑑賞したければ

どうしてもそちらに行かなければなりませんが、

 

そこまでしなくても雰囲気が楽しめればいいという人には

こちらのスポットの方が勧めかもしれません。

会場からは多少遠目になってしまいますが、

河川敷自体が広くゆったりと鑑賞することが出来ます。

千住側に比べて混雑が少ないのでトイレ休憩などしやすいです。

 

それなりに観賞する際はこちらのスポットがお勧めですが、

さほどみんなに知られていないのか比較的少ない意外な穴場スポットです。

このため、静かに落ち着いて花火を眺めることが出来て楽しかったです。

大人な雰囲気をもって花火を楽しむならこちらを勧めます。

 

注意しなければならないことが、場所取りと虫対策です。

1週間前には場所取りシートをもって場所を確保しておかないとなりません。

1年に1度の祭りなのでそれくらい熱が入っています。

 

場所によってはなだらかな斜面になっているところの方が

いい具合に傾斜が付いてひざに負担が掛からないところがあるので、

車で下見をしておくことをおすすめします。

また、河川敷での鑑賞なので虫よけスプレーが必須になってきます。

 

あらかじめ塗るだけでなく汗をかいて流れてしまった時のために

念のため持っていくといいでしょう。

 

2つ目は虹の広場です。

やはり、1つ目に比べて千住側であるので混雑はしていますが、

それでも人気スポットの中では比較的ゆっくりと鑑賞することが出来ます。

 

有料席でゆったりと花火を味わう

 

足立の花火大会は、「東京で夏に行われる1万発以上の花火大会」の中でも、

一番最初に行われる花火大会です。

例年、約40万人の人出で、

都内だけではなく近隣県からも人々が来る人気のイベントです。

 

今年は7月22日の19時30分から1時間行われ、

荒川河川敷にて約12000発が打ち上げられる予定です。

更に、花火だけでなく、後半は音楽とのコラボレーションも楽しめます。

 

花火の観覧スポットは多数ありますが、

良いポジションの一つとして有料咳があります。

足立の花火は、2名で3000円です。

 

個人協賛という形で申し込みを受け付けており、

先着順となっています。席の場所は、

千住側の打ち上げ場所後ろと西新井側の真正面で、

非常に良い眺めです。申し込み方法は、

足立区役所内にある観光交流協会窓口にて購入するか、

郵送・振込みでの申し込みとなります。

期限が7月10日までとなっていますので、早めに申し込みましょう。

 

なお、プログラムへの氏名掲載を希望する場合は、

料金が1人2000円プラスされます。

(但し今年の申込み締め切りは、5月10日で終了しています。)

 

足立の花火を見る際、荒川河川敷にある運動公園や、

西新井橋緑地、或いは千住新橋グラウンド周辺が主な観覧スポットとなります。

 

どの場所も花火を間近で見る事が出来、

ライトアップされたスカイツリーもセットで楽しめるのですが、

非常に混雑する為、昼頃から場所を確保する必要があります。

 

数時間も並び続けるのは大変ですので、

有料席の利用を考えるのが良いでしょう。

 

花火を見ながら屋台で何を食べる?

 

足立の花火は毎年多くの人が訪れる、

季節の風物詩となっています。

このような夏のイベントでは、多くの屋台が立ち並ぶことも特徴です。

こうした機会にしか食べられないものもありますから、

チャンスを逃す手はありません。

 

足立の花火会場は河川敷となっており、

ここに屋台を並べることが禁じられています。

そのため、最寄り駅から会場側までに出店されていることが通例です。

ただ、東京でも屈指の人手を誇るイベントのため、

混雑を避けることはできません。

お店を見て回ることは楽しいものですが、

人混みに応じた対処を心得ていくのも大切なポイントです。

 

足立の花火においても、

たこ焼きや焼きそば、とうもろこしなどの定番屋台が立ち並んでいます。

気をつけたいのは、大勢の人の間を行き来するだけに、

食材が接触して服などを汚してしまうことです。

それを避けるためには、

可能な限りコンパクトに持てるものを選んでいきましょう。

嵩張るものは、他の空いている場所でゆっくり食べるのもお勧めです。

 

暑い最中のイベントですから、

熱中症対策も考えなければなりません。

その点、冷えた飲み物やかき氷などは、

体を冷やしてくれるマストアイテムです。

 

お腹を壊さない程度に、こうしたものを買い求めることで、

足立の花火をより堪能することができます。

小さな子供連れであれば、食べ物にこだわらず、

遊戯やおもちゃなどの屋台も、一度は体験させるべきです。

足立の花火は屋台を活用して、

その時期にしかない楽しみを満喫していきましょう。

 

足立の花火の協賛について

 

夏の花火は足立からと言われているぐらい、

関東地方でも早めに開催されるのが足立の花火大会で、

2017年度は7月22日(土)に開催されます。

 

足立の花火大会は足立区を流れる荒川を舞台に開催され、

100年以上も歴史があると言われており、

住民が多い足立区ならではの規模を誇る特徴を持っています。

 

一時間で約1万2,000発も打ち上げられ、

荒川の河川敷から圧巻の大輪を咲かせ、

川面に映る光景も足立の花火大会ならではの風情です。

足立の花火は主催は足立区と区の観光交流協会となっており、

鉄道会社やネット会社、商業・工業連合会などが後援しています。

 

一方で足立区の区民のための花火大会ということで個人協賛も募っており、

そこで集められた資金は花火打ち上げにかかる費用に充当されるとして、

広く公募されています。その個人協賛の内容は一口3,000円となっており、

一人の人が何口でも応募することが可能です。

 

また協賛してくださる方は、

他に掲載料2,000円を支払うことで

足立の花火で配布されるプログラムに名前を掲載することもできます。

他にも特典として一口に付き、協会観覧場所入場券を2枚貰うことができ、

それを持参すれば花火を堪能できる場所を確保することも可能です。

 

注意点としてはプログラムに名前の掲載を希望する場合は5月10日までとなり、

名前の掲載を希望しない方は7月10日まで受け付けています。

申し込み方法は足立区役所にある窓口に直接持参するか、

所定の払込用紙を郵送してもらい、

それを持ってゆうちょ銀行で振り込む形で可能です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

花火大会には事前に知識を持って行くことで、

より花火を楽しむことができると思います。

素敵な人と素敵な夜を過ごせるといいですね。