エステナードソニックROSEの効果はどのくらいなのか?

 

エステナードソニックROSEとMOMOはどちらが美肌になれるのでしょう。

また、リフトアップや肌の乾燥にはどちらの美顔器が優秀なのか、

この2つの違いについてお悩みではないでしょうか。

 

年齢を重ねると肌のたるみは避けられない悩みですね。

写真写りが重くたるんだような表情になってしまったり、

毛穴が余計に広がって目立ってくるようになったり、

 

「このままこの悩みと付き合っていかないといけないのか・・・」

 

とため息が出てしまいそうですね。

美容整形なんて行こうと思えば金額も馬鹿になりません。

そこで初期投資が少なくて自宅でこっそりと改善対策ができてしまう

美顔器にはあなたの悩み解消に期待が持てるのではないでしょうか。

そしてエステナードソニックシリーズは人気の美顔器です。

その中でROSEとMOMOの2つがありますが、

一体どんな違いがあるか気になるところではないでしょうか。

 

エステナードソニックROSEとMOMOの違いとは?

 

まずMOMOは2代目に販売された美顔器です。

そしてその次に3代目としてROSEが販売さました。

因みに1代目はホワイトと呼ばれるものです。

今回は、ROSEとMOMOの違いがテーマなので、

スポンサーリンク

ホワイトについては省かして頂きます。

 

まずは「スキンセンサー」についてです。

スキンセンサーとは乾燥部分や水分の多い部分など、

肌は部分によって水分の多い少ないがあります。

そこでセンサーで感知して肌合わせた出力調整をすることで、

肌への美肌効果を高めていくものです。

 

この機能はROSEにもMOMOにも備わっている機能ですが、

「ディープダイブ」といってエステナード独自の特許取得技術なのです。

ROSEとMOMOの違いの前にエステナードと他者の違いがここにあります。

 

ではROSEとMOMOの違いはどこにあるのかと言うと、

出力がMOMOは毎秒500万回転に対してROSEは毎秒800万回転です。

この超音波振動は人の手では不可能な刺激を与えることができるので、

エステで専門のマッサージ受けるのとより近い効果が期待できます。

当然800万回転のROSEの方が期待できるのは言うまでもありません。

 

またヘッド素材にROSEは錆びにくいステンレスを使用しています。

対してMOMOには金属アレルギーの人には有り難い18金コーティングです。

金属アレルギーのない人ならROSEの方が良いのではないでしょうか。

 

それから操作性についてもMOMOでは2ボタンで、

2つのボタンで操作して動作切り替えを行っていましたが、

ROSEではボタン1つとシンプルになって、

プッシュ回数で動作切り替えが簡単にできるようになりました。

機械を扱うことが苦手な人ならシンプルな構造は有り難いですね。

 

デザインはMOMOはピンクで可愛らしい雰囲気があります。

これは個人の好みなのですが愛着が持てる方が良いかもしれませんね。

以上がエステナードソニックROSEとMOMOの違いです。

あなたの好みや目的に応じて選んでみてはいかがでしょうか。