運動は痩せるための方法?体重を減らす最も良い方法

 

あなたは痩せるために運動をしようと考えてませんか?

それとも運動しないで痩せる方法を知りたいでしょうか。

そもそも、なぜ「ダイエット=運動」となったのでしょう。

確かに運動をすれば痩せることはできるかもしれません。

 

ですが運動そのものは本来痩せることが目的ではありません。

ということは痩せるための方法はもっと別にあるのです。

そして運動で痩せられる人は運動が好きで習慣になってるからです。

好きでもないのにイヤイヤ行うべきではないのです。

 

運動はスタイル作りとして考える

 

ダイエットと言えば運動と思う人も多いかと思います。

なので一生懸命に運動をして痩せようとするのだと思います。

しかし、どんなに運動を頑張っても痩せることができない・・・

また運動はするけど食事に関しては何も考えていない・・・

このように運動ではうまく痩せることができないことがあります。

 

確かに運動をすれば消費カロリーを増やすことができます。

痩せるためには摂取カロリーに対して消費カロリーが上回れば、

痩せられるはずなのになぜダメになってしまうのでしょうか。

 

それは太る原因のほとんどが食べ過ぎにあるからです。

スポンサーリンク

 

なぜならわたし達一般人の運動量を遥かに超越したプロスポーツ選手。

その中でも相撲取りやプロレスラーを想像してみると一目瞭然です。

彼らはほぼ毎日のように超人並みの運動量を行っています。

にも関わらず全くスリムな身体になることはありません。

その理由は、食べる量が多いから体格も大きくなっているのです。

 

そしてもうひとつ言えることがあります。

それはプロスポーツ選手はそれぞれのジャンルに特化した体格です。

それは運動で鍛えている内容がそれぞれに異なるからです。

プロボクサーはスリムですがプロレスラーはガッチリしています。

つまり運動とは痩せることそのものを目的とするのではなく、

 

きれいに痩せるためのスタイル作りとして考えるべきなのです。

 

ダイエットしようと運動で痩せることはズレているのです。

体重を落とすことそのものは食事の内容を改善することです。

ここで間違って食事を制限しようと考える人もいますが、

それでは必要な栄養が不足して体がエネルギーを求め続けるので、

常に強い空腹状態となって精神的に辛くリバウンドしてしまいます。

必要な栄養を摂取すれば小食でも空腹に耐えられるのです。

 

また運動はすればするだけ空腹になりやすいです。

それも当然で運動をすればその分だけエネルギーが消費されるので、

体もエネルギーを補給するために栄養を求めるようになるのです。

運動メインで痩せることは自らイバラの道を進むことになるのです。

確かに運動で痩せることはできるのでひとつの方法ではありますが、

やはり食事の内容を改善することが一番無理なく体重を落とせます。

その上で整えたい部位を鍛えるというカタチで運動を取り入れること。

それが美しいボディを手に入れる考え方となるのです。