運動をやめたらなぜか痩せた!?そんなことがあり得るのか

 

今まで一生懸命にダイエットをしていたのに、

消費カロリーを増やすために嫌でも運動を続けて、

苦しくても頑張って頑張ってそれでも痩せなかったのに・・・

それでも痩せないから運動をやめたらなぜか痩せた・・・

 

頑張った割には結果がついてこないことがあります。

イライラしてどうしようもないほど落胆してしまいますね。

わたしの場合は中学の試験勉強がそれにあたりました。

あれだけ努力したにも関わらず思ったほど結果が出ないのです。

では運動をやめたら痩せられる理由と何なのでしょうか。

 

運動することがストレスとなって悪循環

 

ランニングやエアロビクスに筋力トレーニング。

運動をしているのに痩せられないのはなぜでしょうか。

運動をすれば消費カロリーが増えるので痩せられるはずです。

その運動でダイエットの効果が出ない原因は2つあります。

 

  1. 運動そのものがストレスとなって食べ過ぎてしまう
  2. 体が慣れてしまってマンネリ化してしまう

 

たとえば仕事でストレスの掛かる日々を送っていると、

つい甘いものやアルコールが欲しくなってしまいます。

舌に心地の良いものは嫌なことを忘れさせてくれます。

そうなるとそれが依存状態となってやめられなくなるのです。

 

だけど意識としては食べ過ぎないようにすると思います。

だけどそれは1日の量であって回数自体は増えないでしょうか。

食べ物に依存してしまうと自分に甘くなってしまいますし、

そもそもが太る原因となる添加物などが豊富なものばかりです。

なぜならたくさん食べたくなると安いものを選ぼうとするからです。

安いものには必要な栄養素もほとんどないので太りやすいのです。

 

体がマンネリ化してしまうことは同じ運動をするからです。

スポーツでも上達するには少しずつの変化が必要になります。

最初は低難度なことからはじめて徐々に高難度になっていきます。

上手い人が技術も体力も低いままであるわけがありません。

少しずつ日々のトレーニングの質を上げているから上達するのです。

ダイエットでも同じように運動の質を少しずつ高めていく必要があります。

だけどもともと好きではないのにこれ以上レベルを上げていくなんて、

そんなものはいくら頑張ってもストレスとなるばかりではないでしょうか。

それが逆にストレスとなって食べるという行為に走ってしまうのです。

 

また運動をすると筋肉に水分を蓄えるようになります。

これは水ぶくれと似た状態ですが体重も増えることになります。

筋肉がついて体重が増えたと勘違いしてしまう場合もあるのです。

それでも強度ややり方を変えることで効果が出ることもありますが、

思ったよりも痩せられない運動を無理に続けてもストレスになります。

 

それならば思い切ってやめて食事内容の改善に努める方が良いです。

 

運動をすれば確かに消費カロリーを増やすことはできます。

しかしその分、体はエネルギーを要求するようになってしまいます。

そこで運動そのものがストレスだとそれを解消する為に、

食欲に負けて食べたいものを食べるようになってしまいます。

そうしたときの食べ物は大抵は安くて栄養がないものばかりです。

頑張っても頑張っても痩せないスパイラルにハマってしまうのです。

ダイエットで成功したいならストレスとは上手く付き合うことが大切です。