ダイエットを継続するコツは「何をやめる」かが成功の鍵

 

ダイエットが成功しない人のほとんどは、

継続できずに途中で挫折することではないでしょうか。

最後まで続けることさえできれば痩せることができます。

そこで、継続するためのコツがないかを知りたいですね。

 

わたしもいろんなことに挑戦してきましたが、

そのほとんどは続けることができずに途中で挫折しました。

しかし、最後まで物事を完了できる人には共通点があります。

それが「何を捨てる」かという考え方なのです。

 

継続できないのは「何をやるか」で考えるから

 

ダイエットとは続けることが難しいものでもあります。

油断をするとすぐにサボり癖がついてしまいますし、

痩せた自分になれるなんて信じられないと思いつつも、

スタートしてやってみる人も多いのではないでしょうか。

だけど継続できない理由をこのように思ってませんか?

 

  • 意志が弱いから続かない
  • もっと根性を出してやらなけれいばいけない

 

わたしの父親は、わたしが生まれたときからタバコを吸ってました。

振り返れば吸わなかった日はないくらいヘビースモーカーだったのですが、

あるとき、理由は分かりませんが一回だけ禁煙をしたことがありました。

ですが半年と経たずに継続することができずに挫折してしまったのです。

 

そこで挫折するのは大抵が「何をやるか」で考えようとします。

日々の日常に何かをプラスしていくことはストレスが生じてしまいます。

それが自分の好きなことならばストレスとは感じることはありませんが、

スポンサーリンク

ダイエットや禁煙や節約なんてものは大概がストレスになります。

だからこそほとんどの人は継続することができないのです。

 

いかにストレスなく「何をやめる」かで考えることです。

 

そのためのコツは一気にやめようとしないことです。

甘いものが大好きなのにいきなりパッタリとやめてしまうと、

禁断症状が現れて食べたい欲求に負けて挫折してしまいます。

チョコレートが大好きなら無理にやめようとする必要はありません。

毎日食べているならば、1日おきにしてみたり、

1日おきが慣れてきたら2日おきにしてみたりと、

またカロリーが高いものから低いものに変えてみたりと、

少しずつ少しずつ普段の日常をゆっくりと変化させていきましょう。

 

アルコールが大好きでやめられないとしても、

それを毎日飲んでいるならば少しだけ量を減らしてみるのです。

また飲んでいるお酒の種類をビールや日本酒のような醸造酒から、

ウィスキーや焼酎のような蒸留酒に変えていってみたり、

おつまみを揚げ物からサラダや魚介類に変えてみたりと、

少しずつ変化させて普段の生活に馴染ませていくことです。

 

痩せるためには、その理由をやめない限りは痩せられないのです。

 

だからこそ極端な食事制限をしても、

身体が普段の生活に馴染んでいないのでリバウンドするのです。

本質的には太る原因をやめることができていないからなのです。

極端なことして一時的に痩せられたとしても何も変わらないのです。

とにかく運動をしようと考える人も今の生活に無理矢理ねじ込んで、

やめるべきものをやめられなければそれもリバウンドしてしまいます。

 

食事制限することも運動をすることも、

食事の内容を改善して必要な栄養を取りながら、

やり過ぎないように生活に少しずつ馴染ませていくことで、

丁度良いバランスを保ちながら理想のスタイルをキープできるようになります。

極端なダイエットは体型もアンバランスで見た目もあまりよくありません。

綺麗に痩せられることの方が人生はずっと楽しいのではないでしょうか。