ダイエット中でもアルコールはOK!お酒との正しい付き合い方

 

ダイエットをしたいけどお酒が好きな人はいると思います。

そんな人はどの種類のお酒も飲んではいけないのでしょうか。

そして糖質ゼロのアルコールならOKじゃないかと思ってませんか?

 

実はダイエット中でもお酒を飲んではいけないことはありません。

そして太らないためにもお酒の種類を選ぶことも大切ですが、

お酒とは太らなくするための正しい付き合い方があるのです。

 

お酒はどんな飲み方をすればOKなのか?

 

どんなアルコールでもカロリー自体はあります。

しかし、このカロリーは体内で吸収して蓄積される前に、

そのほとんどが燃焼されてしまうのです。

そのためエンプティカロリーと呼ばれています。

お酒には大きく分けて2種類があるのですが、

 

  1. 醸造酒 = ワイン・ビール・日本酒など
  2. 蒸留酒 = ウィスキー・ブランデー・焼酎など

 

このようになっていて入っている糖質に問題があります。

醸造酒は穀物や果汁などをアルコール発酵させています。

なのでこのようなお酒には糖質が多く含まれています。

 

一方で蒸留酒の方は醸造酒を蒸留したアルコールです。

これはアルコールの揮発成分を濃縮したものなので、

蒸留することで糖質をカットされているのです。

 

わたし達にとっては最も身近な存在であるビールは、

アルコール度数が低くて糖質が多いお酒です。

なので安価でたくさん飲み続けてしまいがちですが、

スポンサーリンク

清涼飲料水よりも太りやすい危険な場合が多いのです。

ましてや甘いサワーやカクテルは太る原因そのものです。

このようなお酒をほぼ毎日のように飲んでしまっていれば、

糖質過多になって太りやすくなるのは当然のことなのです。

 

ではどのようなお酒との付き合い方がOKなのかと言うと、

まず蒸留酒を糖質が含まれないものと割って飲むことです。

このような飲み方をしていればまず問題なと言われています。

もちろん砂糖を含んだ甘いドリンクと割っては意味がありません。

 

ではビールを代表するような醸造酒はダメなのでしょうか。

ここはお酒との正しい付き合い方を知っておく必要があるのです。

 

最も大切なポイントは安価なお酒を選ばないことです。

 

なぜなら安価なお酒は不純物が多いからです。

この不純物が肝臓に負担を掛けて悪酔いしてしまうのです。

それなりの値段のするお酒を適量飲むことが良いのです。

なので糖質を避けようとコンビニなどでよく置かれているような、

 

添加物の多いカロリーオフなどの発泡酒はかえって危険です。

 

またお酒だけでなく一緒に食べるものも注意が必要です。

あなたもおつまみが原因で太るのは聞いたことがあるかと思います。

アルコールは食欲を増進して脂肪を吸収しやすくなるため、

何を一緒に食べるかは非常に重要なところとなるのです。

 

蒸留酒なら良いのですが醸造酒なら炭水化物は避けることです。

締めのラーメンなんてよく聞きますが太る原因となります。

野菜・きのこ・海藻類などの血糖値の上昇を抑えてくれるものや、

オクラ・山芋・なめこなどのネバネバ系の食品もお勧めです。

 

このようにお酒は飲んではいけない訳ではなく、

ダイエットのための正しい付き合い方をすれば大丈夫です。

食欲増進作用があるとしても栄養の高いものを食べれば良いのです。

カロリーをカットされた蒸留酒なら意外と問題ないものなのです。

ダイエットをするためにお酒を無理に止める必要はありません。