太る食べ物と太らない食べ物を見極めるシンプルなコツ

 

普通に食べてても痩せやすくなることは理想ですね。

無理して食事制限のダイエットをしても辛いだけですし、

痩せられたとしても肌が荒れてしまえば痩せる意味もありません。

そこで太る食べ物太らない食べ物を見極めることが、

結局は無理せず健康的に魅力的に痩せるコツなのです。

 

なぜなら、太る原因のほとんどが不必要な食べ物の摂取だからです。

つまりジャンクフードを中心とした栄養不足の食べ物のことです。

偏った栄養状態になると体が常に求める信号を出し続けます。

体に本当に必要なものが足りていない状態というのは、

自覚はし難いですが非常に重要なポイントとなるのです。

 

太る食べ物を止めて太らない食べ物で自然と痩せる体質に

 

昔から「腹八分目」と言われるように、

人間はお腹いっぱいに食べることは健康にも良くありません。

もちろんダイエットして痩せたい人には禁物だと思います。

 

そして本来は、栄養価の高いものを少量だけ食べる。

 

このような食生活の方が長生きすると言われてますし、

何よりも痩せやすい体質にすることができるのです。

そもそもいつでもどこでも簡単に食べたい物が食べられる、

このような今の時代の環境こそが不自然な状況と言えます。

なぜなら、わたし達の祖先は大昔からずっと餓鬼と戦ってきました。

飢えに耐えるために少量の栄養を蓄えることで適応してきました。

そうすることで今まで生存し続けることができたのです。

 

ところが、現代ではそれが逆の環境へと変わっていきました。

いつでもどこでもちょっとお金を出せば簡単に食べ物が手に入る。

しかし、ここで問題となるのが簡単に食べられるものというのは、

化学合成された保存料や調味料を使っているものばかりなので、

肥満になりやすいだけでなく病気にもなりやすい傾向にあるのです。

そしておいしいと感じさせる甘味料なども加えられているので、

 

健康に悪くて太る食べ物なんだけど止められない。

 

わたし達の脳に心地良い刺激を与える甘味料が味覚を狂わせているのです。

いつでも簡単に安価で食べられるものは不自然な加工をしたものです。

原価を低く抑えて大量生産、長期保存が可能になっているものほど、

栄養価は低くダイエットの大敵である太る食べ物と言えるのです。

 

そして、太らない食べ物とはそう簡単に手に入るものではありません。

たとえば昔の保存食では、乾物や漬物、発酵食品がそれにあたりました。

これはらは自然を利用した形で作られた栄養価の高い食品です。

ジャンクフードと比べると店に並ぶ品数の少なさからも分かると思います。

それだけ不自然に加工された食べ物の方が圧倒的に多いのです。

つまり太る食べ物の方が圧倒的に多いというのが今の実際のところで、

太らない食べ物を見つけて食べ続けることの方が難しくなっているのです。

 

  • 安く手に入るものほど太る食べ物
  • 値段が高くいものほど太らない食べ物

 

コンビニに置いてあるような食べ物をよく観察してみて下さい。

本当に健康な食べ物を探す方が苦労するくらいなのです。

それだけ加工された安価な食べ物ばかりが並べられています。

ですがわたし達は経済的に理由でどうしても安いものに走りがちです。

消費増税や賃金低下に雇用の不安定など生活の基盤を揺るがすような、

過酷な生活環境に栄養価の高いものなんて考える余裕がありません。

 

経済的に苦しい人ほどカップラーメンや菓子パンで過ごす人が多いです。

ですが太る食べ物を避けて太らない食べ物を摂ることを心掛けるということは、

病気になって結果高い治療代が掛かってしまうことを避けることになります。

完ぺきには無理だとしても少しの意識を持ってできるところから取り組む。

今のままの食生活を続けずに少しずつ改善する意識が大切となってきます。