腸内環境改善でダイエットを成功させる食物繊維の摂り方

 

ダイエットはじめて便秘に悩まされていませんか?

また腸内環境改善を安易にヨーグルト食べることで、

便秘が解消されて痩せやすくなると思っていないでしょうか。

 

「生きて腸まで届く!」なんて謳い文句で、

健康をアピールした乳製品も多くあるので、

ただ飲んでいれば腸内環境が改善されると思いがちですが、

実は乳製品は腸内を荒らしてしまうこともあるのです。

 

腸内環境改善に大切な食べ物

 

ダイエット成功には快便が大切な要素となります。

便秘に悩まされながら痩せた人は聞いたことがありません。

そして便秘が解消されると痩せやすくなっていくのです。

そのためには食生活の改善が必要になってくるのですが、

便秘解消のために腸内環境を改善しようと思って、

 

ヨーグルトなどの乳製品に頼ることはお勧めしません。

 

腸内環境改善には食物繊維を摂ることが大切です。

ですが食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があるのです。

何も考えずに健康に良いイメージだけで食べていると、

食物繊維を摂っているつもりが、

 

かえって便秘になって太る原因ともなってしまうのです。

 

特に玄米を食べている人は、

お腹が張って便秘になってしまう人が多いようです。

なぜなら玄米には不溶性の食物繊維が多く含まれており、

便の量を増やして腸の活動を活発にする役目をしてくれます。

その結果、便が腸内に滞在する時間が短くなるのですが、

そのためには便を柔らかくする水溶性の食物繊維も必要なのです。

 

つまり不溶性と水溶性の2つの食物繊維のバランスが大切ということです。

 

ところが便秘を解消するためには食物繊維が必要と、

ただそれだけしか知らずに摂ってしまうことで、

かえって便秘を悪化させてしまうことになるのです。

また乳製品をお勧めしない理由は動物性乳酸菌だからです。

動物性乳酸菌は胃液や腸液で死滅しやすく生き残り難いのです。

それでも善玉菌のエサになったり、免疫調整作用があるのでですが、

 

植物性乳酸菌の方が生きて大腸に届きやすいのです。

 

植物性乳酸菌には、海藻類・豆類・芋類・根菜類・きのこ類です。

なので玄米と一緒にこのような食品を摂るようにすることで、

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく摂ることができます。

そうした結果、腸内環境改善が促されて便秘も解消されるのです。

 

またヨーグルトなどの乳製品というのは、

日本人の消化液に合わないので体に悪いとも言われます。

アレルギーや癌の原因ともなり得ると考えられているのです。

そもそも乳製品が日本に入ってきたのは明治時代以降です。

第二次世界大戦後から牛乳などの乳製品が日本に普及しましたが、

当たり前のように食べるようになったのはたった数十年前からなのです。

 

それよりも植物性乳酸菌が多く含まれる食べ物には、

わたし達が本来主食としてきた和食が中心のものばかりです。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂るだけでなく、

善玉菌を生きて腸まで届けて腸内環境を改善するためにも、

和食中心の食生生活に改善することがダイエットには大切です。