健康的に痩せる具体的な方法は和食中心の食事にある

 

ダイエットをするなら健康的に痩せる方法を知りたいですね。

あなたはコンビニのサラダが本当に健康だと思うでしょうか。

実はよく知っておかないと栄養不足になるのです。

 

栄養不足になるということは、

精神的には満たせても体は不足状態なので、

脳から栄養を摂るように指令が送られ続けて食べたくなります。

そうなると我慢し続けるような苦しいダイエットになるのです。

 

市販のサラダは健康的に痩せるには向かない

 

ダイエットでは野菜を食べることが大事だと思う人は多いです。

しかし、コンビニなどのお手軽なサラダを食べれば良い・・・

と安易に考えているとミネラルやビタミンが十分に摂取できません。

基本的にミネラルやビタミンが豊富なのは緑黄色野菜です。

キャベツ・レタス・きゅうり・トウモロコシ・シーチキンなど、

このようなサラダでは十分な栄養素を摂取することができないのです。

 

緑黄色野菜とは色の濃い野菜のことを言います。

トマト・ニンジン・ピーマン・ほうれん草・かぼちゃなどです。

食事にサラダがあるとそれだけでバランスがとれていると、

つい考えてしまいがちですがサラダの内容が非常に重要です。

サラダの中にしっかり緑黄色野菜が含まれてバランスがとれます。

コンビニなどで購入できるサラダではこのバランスは難しいと言えます。

 

健康的に痩せる方法として和食中心の食事がありますが、

スポンサーリンク

ワカメ・昆布・ひじきなどの海藻類はミネラルやビタミンが豊富です。

特にマグネシウム・カルシウム・亜鉛・鉄などのミネラルが、

バランスよく含まれていているので積極的に摂ることが大切です。

他にも種子類がありますが良質な脂質も摂取できるでお勧めです。

 

また和食と言えばきのこ類や芋類です。

きのこ類は、低カロリーでありながらビタミンが豊富です。

市販のサラダなんかに比べると摂取できる栄養は高いです。

芋類は、カリウム・ビタミンC・ベータカロチン・食物繊維が豊富で、

炭水化物と言えど、普通に食べることにおいては問題ありません。

 

そしてダイエットの食事で意識して欲しいのが豆類と魚類です。

肉類は食べ過ぎると腸内で腐敗を起こしやすいのをご存知でしょうか。

そうなると豆類や魚類のタンパク質を摂る方が腸にとっても良いのです。

豆類は、特に納豆や味噌などの発酵させてあるものが体に有益です。

ミネラルやビタミンはもちろんですが消化にも負担を掛けません。

消化に負担が掛からないことで必要な栄養をしっかり吸収できます。

 

また魚類ですが、唯一ダイエットにお勧めの動物性タンパク質です。

魚にはDHAやEPAなどの体脂肪になり難い良質な油が含まれており、

ミネラルも豊富で、植物性食品では難しいビタミンB群が摂取できます。

つまり豆類で摂取が難しい栄養を魚類が補ってくれるのです。

魚類では、イワシ・サンマ・シラス・サバなどの小型の魚が良いです。

なぜなら大型の魚は、環境汚染の影響を受けやすいからです。

有害物質の蓄積濃度が高くなるので小型の魚を食べる方が良いでしょう。

 

健康的に痩せる方法は和食を中心とした食事だとおわかり頂けたでしょうか。

日本人には、やはり元々体に馴染んでいる和食の方が健康的なのです。

横文字で書かれている食べ物ではアンバランスになってしまい、

栄養不足となって結果的に太る原因となってしまいます。