ダイエットを頑張っても痩せない基本的な2つの理由

 

ダイエットを頑張っているのに痩せなくて挫けそうになってませんか?

なかなか痩せないので中には強引に食べたものを吐き出そうと考える人もいます。

こうなるとなぜ痩せられないのか分からなくて辛いですね。

 

ダイエットは多くの人が「減量」というイメージがあります。

それは太る原因の多くが食べ過ぎることにあるので食べる量を減らさなくては、

という考え方になって過度な食事制限をする人が特に女性に多いです。

しかし、食べる量を減らせば良いというだけではありません。

 

太る原因は体に取り込む食べ物の質で決まる

 

最近、太り過ぎてきたから痩せたいと思う人の多くは、

運動をするとか食べる量を減らすことを考えることが多いことでしょう。

確かに太る原因のほとんどは食べ過ぎと言っても過言ではないので、

単純に量を減らすとか消費カロリーを増やせ痩せる理屈になると思います。

もちろんそれは正しい考え方であり、実際に痩せることはできることでしょう。

 

しかし、その考え方でダイエットに励んでも痩せない人が多いのはなぜでしょう。

 

よくこのことを考えて頂きたいのです。

例えば、飴玉をたくさん食べることでお腹一杯になることはないですね。

ジュースをがぶ飲みしてもパンパンにはなりますが食べ物ほどではありません。

しかし、玄米や味噌汁や魚などをお腹一杯に食べるといかがでしょうか。

ちょっと食べ過ぎたと感じてしまいわないでしょうか。

 

ところがです。

どちらが太る原因になるかと言えば、断然前者の方なのです。

ダイエットしている人の中には、朝を軽くパンだけで過ごす人も多いです。

しかし、パンは血糖値が上昇しやすくトランス脂肪酸など、

太る原因となる要素がふんだんに含まれているのです。

 

ということは、ただ単純に食べる量を減らせば痩せる訳でもなく、

ただ単純に運動をすれば痩せることができるという訳ではないのです。

大切なのは、体に取り込む食べ物の質を改善しなければいけないということなのです。

 

1、ダイエットで痩せない人はとにかく食べる量を減らそうとする

 

太る原因は食べ過ぎですがもう少し具体的に言うと、

太るような食べ物を過剰に摂取してしまうことが原因です。

なので体の脂肪を減らすためには、ただ量を減らすだけではなく、

 

脂肪を落とすための助けとなる栄養をしっかり摂ることが大切なのです。

 

そこを無視して、食べる量だけ減らしてしまうことは、

栄養失調や摂食障害などの体に異常を起こしてしまうことにもなりかねません。

更にそこで運動をプラスさせると、より栄養が枯渇してしまうのです。

そして行き着く先にはリバウンドという最悪の事態が待っています。

 

2、ダイエットで痩せない人はとにかく運動で何とかしようとする

 

また食生活を変えずに運動だけで何とかしようとする人も意外と多いです。

特に普段から運動をしない人はこれから始めれば痩せられるはずだと、

このような思いになる人もいますが、あまり効果は期待できません。

痩せるためには運動を習慣にすることは非常に大切です。

 

だけどダイエットなら運動だけしても非効率過ぎて挫折しやすいのです。

 

わたしの友人はランニングをしてダイエットに励んでいましたが、

彼はお酒が好きで止めることができずに運動で補おうとしてました。

それを数年続けた結果、残念なことに昔より肥満になってしまいました。

昔は顎のラインがあったのに、今では顎と首の境目が分からないくらいです。

運動だけで痩せようとするのは、かえって油断を招いて太りやすいです。

また心地の良い疲労感が更に食欲を増進させるので太る原因ともなり得るのです。

 

以上の2つがダイエットをしても痩せない基本的な理由です。

わたし達が普段食べているものが一体何なのか?

このことに意識を持たない人ほどダイエットをしても痩せないことが多いです。

太る原因は食べ過ぎにあるというのは、食べる質のことを言っているのです。

少しずつでもいいので、食べる質のことを考えるようにしていきましょう。