肥満になる原因は炭水化物だけでなく小麦にも関係がある?

 

肥満になる原因は主に食べ過ぎと言われています。

その中でも炭水化物と糖分は太る原因として大きく関わります。

だからこそ炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットなど、

食べることに関する痩せる方法が流行ってきました。

 

だけど太る原因はそれだけとは言い切れません。

あなたは「グルテンフリーダイエット」を聞いたことがあるでしょうか。

実は肥満になる原因と関係しているところがあるのです。

 

痩せるには食欲をコントロールすることが大切

 

グルテンとはタンパク質の一種で、

小麦を練ったときに出る粘りや弾力の成分のことです。

小麦によるアレルギーを持つ人がいますが、

それはグルテンが腸壁を傷付けてしまうからです。

 

そして何よりグルテンには食欲増進作用があると言われています。

 

グルテンに含まれる成分が食欲を刺激して、

食べ物に対する欲求が抑えられなくなってしまうのです。

菓子パンなんて確かにお腹は膨れるけどまたすぐに欲しくなりませんか?

たとえば朝食にご飯を食べるよりパンを食べた方が、

すぐにお腹が空いてくるように感じないでしょうか。

またパンにはミネラルやビタミンなど必要な栄養素が少ないので、

生理的にも要求されて、そのために何かを食べたくなってしまいます。

 

グルテンが含まれている主な小麦製品には、

パン・パスタ・麺類・お菓子類などが主になっています。

スポンサーリンク

反対に米や米粉製品や蕎麦粉などはグルテンが含まれてません。

昔の日本人は和食中心だったので今より肥満率は低かったのです。

洋食が普及すると同時に肥満率もグッと上がっていきました。

 

そこでグルテンを避けるダイエットがグルテンフリーダイエットです。

一時はブームにもなり、最近日本でも耳にする機会が増えてきました。

ですがグルテンを含む食べ物は太る要素が多い食べ物ばかりです。

アメリカ人が主食であるパンを米や蕎麦に置き換えれば、

痩せることができるのは当然のことと言えるのかもしれません。

 

それにパンにはマーガリンを使うことが多いです。

マーガリンにはトランス脂肪酸と言って消化器官の大きな負担となり、

様々な病気を引き起こす原因とも言われている化学物質が含まれています。

アメリカでは既に規制がされていますが日本では摂取量が少ないことで、

すぐには影響しないということで規制はされていません。

このマーガリンはコンビニやスーパーなどの市販されているだけでなく、

パン屋で作られるパンでも豊富に含まれているのです。

 

肥満になる原因は食べ過ぎが大きく関わっています。

痩せるためには食欲をコントロールする必要があります。

しかしパンなどの小麦を食べることで食欲が増進してしまいます。

その上、必要な栄養素も足りないので生理的にも欲求してきます。

炭水化物や糖質だけでなく小麦製品にも注意が必要だと言えます。

 

日本人はもともと米や蕎麦が中心の食生活でした。

小麦製品が入ってきた近年から肥満率がグンと上がりました。

ダイエットで成功するには本来の和食中心にすることの方が、

炭水化物抜きダイエットとか糖質制限ダイエットなど、

極端なことをするよりも自然で無理なく痩せやすいのではないでしょうか。

なぜならダイエットに大切なのはリバウンドしない生活習慣にすることです。

和食中心なら食べたい気持ちを我慢しなければいけないこともないはずです。