市販の野菜ジュースはダイエットには効果がない!?

 

あなたはコンビニなどで売られている市販の野菜ジュースが、

健康やダイエットに効果があると思って積極的に飲んでませんか?

野菜と聞くと健康に良さそうなイメージがありますね。

 

どこにでも売られていて手軽であり、

そして健康と謳っているので何も気にせず飲んでしまいがちですが、

実は本当の健康の意味とはかけ離れているかもしれません。

はたして野菜ジュースはダイエットに効果があるのでしょうか。

 

体に良いものが危険を招く

 

よくペットボトルやパックの野菜ジュースのパッケージには、

1日分の野菜の栄養を摂ることができると謳っているものがありますね。

また野菜ジュースの他に濃縮還元100%果汁の果物ジュースなども、

いかにも健康的で安全なイメージがわたし達にはあります。

なので何も気にせず手に取る人も多いのではないでしょうか。

少なくともコーラやファンタやサイダーなど、

砂糖を多く含む清涼飲料水よりも健康的に感じますね。

 

ですが運搬の際の輸送コストを下げるために、

一度あった元々の果汁の水分を飛ばしてから、

再び水分を加えるという方法を行っています。

そうすることで低価格で提供することができるのです。

 

ですが承認にするために水分を加えるのですが、

フルーツ特有の香りが失われてしまっています。

そこで香料を加えるための添加物が含まれてしまいます。

 

さらに還元の過程で既に栄養素が破壊されてしまっています。

そうなると人工的にビタミンを添加することになるので、

もはや人口的に作られたものであって天然の素材ではないのです。

 

もっと言えば、企業はコストを下げることに努力します。

ということは原材料である野菜や果物がどこで栽培されているのか、

コストダウンのために大量の農薬を使われているかもしれないのです。

そして濃縮されても野菜や果物に本来含まれている栄養は破壊されても、

 

栽培の際に使われた農薬だけは残ってしまうことになります。

 

なぜこのようなことが言えるのかというと、

本来、果物や野菜をそのまま買うと100円どころではありません。

ところが加工されて手間が掛かっているのにも関わらず、

100円程度で提供されている現状が実際にあるのです。

ということは人為的にコストダウンする何かを施していなければ、

低価格を実現させることは不可能なことだと言えます。

 

もし、そのまま野菜ジュースにしていれば、

果物や野菜本来の値段より上がることになります。

しかし、値段は低価格を実現している現実があるということは、

自然ではない人工的な手が加わっている以外に考えられません。

さらには野菜ジュースにはショ糖が添加されているので、

 

意外と炭水化物の量が多いのです。

 

健康とは謳っているものの飲み続けると血糖値が上がります。

それは他の清涼飲料水と変わらないくらいのレベルなのです。

体に良いと油断してしまうからこそたくさん飲んでしまうことで、

 

実は太る原因を作ってしまっていることになるのです。

 

ということは野菜ジュースはダイエットに効果がないと言えます。

フルーツや野菜をそのまま食べることで太ることはありません。

しかし人工的に手が加わってしまうことで体に悪影響を及ぼします。

市販の野菜ジュースは、他の清涼飲料水と変わらないことを理解して、

健康的でもなければダイエットには効果がないと知る必要があります。