炭水化物抜きダイエットは女性にとって効果のある方法なのか?

 

炭水化物抜きダイエットは女性にとって効果のある方法なのか?

運動が苦手なので食事制限でのダイエットを考えている。

そこで炭水化物抜きダイエットを考えている人は多いと思います。

特に夜だけ炭水化物を摂らない方法は効果がありそうに感じませんか?

夜は食べた物を脂肪として蓄えやすいのは誰もが知っています。

 

だけど、ただ炭水化物を減らせば痩せると思ってませんか?

実は炭水化物抜きダイエットにはリバウンドの危険があります。

確かに通常より炭水化物を減らす方法は効果があるかもしれませんが、

これからお話しすることを知っておくとリスクを回避できます。

 

炭水化物と血糖値の関係

 

太っている人は炭水化物を食べる量も多いのではないでしょうか。

脂質とタンパク質に次いで三大栄養素のひとつです。

炭水化物とは糖であり、糖とはブドウ糖のことを言います。

ブドウ糖はわたし達人間のエネルギー源なのはご存知ですね。

ブドウ糖がなければ、脳や筋肉を動かすことはできません。

 

この炭水化物は主にパン、ご飯、麺類に多く含まれています。

またお菓子などの甘い物にもたくさん含まれています。

単純に糖を摂り過ぎてしまうと脂肪へとなってしまいます。

なのでダイエットでは甘い物を控えるということになるのです。

それは炭水化物ダイエットと言われるものがあるくらい効果があります。

 

一方で、わたし達の体の中には血液が流れていますね。

エネルギー源である糖は、血管を通してエネルギーを運びます。

そしてこの時の血液が流れる濃度のことを「血糖値」と言います。

血糖値は炭水化物を摂取した量だけ上昇するのです。

 

血糖値が上がれば体に異常が出るので下げなければいけません。

そこでインスリンと呼ばれるホルモンによって血糖値を正常まで下げます。

どこまで血糖値が上がったかによってインスリンの分泌が変わってきます。

 

ということは、血糖値の上昇は炭水化物の影響が大きいのです。

 

では血糖値の上昇によって何の影響があるのかと言うと、

食べ物によって糖の吸収の速さが違うことにあります。

血糖値が上がるとインスリンが分泌されるのですが、

砂糖のような糖の吸収の早い食べ物は一気に血糖値が上がります。

瞬間的にグッと上がるので脳は上がり過ぎと判断して、

血糖値を下げる為に急いでインスリンを分泌しようとします。

するとインスリンが出過ぎて正常以下の血糖値に下がってしまうのです。

そうなると次にどのような問題が生じるかと言うと「低血糖」に陥り、

 

また何かを食べたくなってしまうという負のスパイラルにハマってしまいます。

 

甘い物はつい食べたくなってしまう依存性の強い食べ物です。

このような血糖値の振り幅が大きくなってしまうと、

集中力が散漫になり、イライラしやすくもなってしまいます。

更に恐ろしいことに血糖のコントロールが正常に保てなくなると、

インスリンの分泌ができなくなり、糖尿病のの危険も出てきます。

動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などの合併症の可能性も出ます。

 

炭水化物を摂り過ぎるとこのような状態になるのですが、

痩せたいから炭水化物抜きダイエットと称して、

炭水化物を極端にカットすることは血糖値のバランスが崩れます。

なぜ過度なダイエットをするとリバウンドするのかお分かりですか?

極端のことをすると体が本来の機能を保てなくなってしまうからです。

炭水化物抜きダイエットも確かに効果のある方法だと思います。

しかし、痩せる気持ちで早まって極端なことをしないことが大切です。