あなたが痩せるには運動だけでなく食事のコントロールも必要

 

ダイエットで痩せるにはどのくらい運動をすれば良いのか。

ウォーキングやジョギングだけでなく筋トレも必要なのか。

どうしても運動はしなければいけないものなんだろうか。

 

あなたは痩せるために運動のことばかりを考えてませんか?

運動は確かに必要ですが食事のコントロールをしなければ、

ダイエットは非常に効率が悪いものになってしまうのです。

 

ダイエット成功には食事のコントロールも必要

 

人によってはDVDの○○エクササイズとか、

毎日ランニングを習慣にして痩せられることもあります。

 

「食べたい物は気にせず食べて痩せました。」

「運動をしっかりすれば食べても痩せますよ!」

 

このような人は少なからずいることは確かです。

だけど多くの人は運動だけでは痩せることが難しいのが事実です。

そして一番問題なのは運動さえしていれば簡単に痩せられるとか、

運動を一生懸命に頑張ってもなかなか痩せることができないなど、

 

ダイエットで痩せることへの認識がズレてしまっていることにあります。

 

「運動すること=痩せる」と考えてしまっていたり、

とにかく痩せるためには運動だとそればかりになってしまうと、

本来の痩せるためには何をすべきかを見失ってしまいやすいのです。

そのためには、まず痩せるメカニズムについて考える必要があります。

とは言ってもそんな難しいことではなく非常にシンプルで、

スポンサーリンク

 

  • 食事を制限すれば摂取カロリーを減らして無駄なエネルギーを蓄えない
  • 運動をすれば消費カロリーを増やしてエネルギー消費効率が上がる

 

つまり運動と食事のコントロールが大切なのです。

プロボクサーが減量をする時のことを考えてみて下さい。

彼らは激しい運動をしながら極限の食事制限を行っていて、

試合という目前の目的のために過酷な減量をします。

 

プロボクサーが過酷な減量をするのは試合が目前に控えているからです。

だからこそ短時間のきつい運動や食事制限を行っているのです。

だけどダイエットをする場合は落とした体重をキープすることも重要です。

そのためには一気に痩せようとする気持ちはリバウンドの元なのです。

実際にリバウンドとは目的達成後の気の緩みが原因だったりします。

 

また反対に相撲取りやプロレスラーはいかがでしょうか。

過酷なトレーニングを日々繰り返していますが体は大きいですね。

では何が体を大きくしているのかと言うと食べる量が多いからです。

つまり痩せるには運動はダイエットの効率を良くすることであり、

 

同時に食事制限や改善を行って体重を落とすことが大切なのです。

 

なので運動と食事のコントロールの両輪が必要ということです。

また反対に過度な食事制限だけを行うことも続かない原因になったり、

過度な制限がストレスとなって痩せた後に過食してリバウンドしたりなど、

上手く体重や体型をキープできなくて余計に悪くなる可能性もあります。

どっちに偏り過ぎてもダイエットで成功することは難しいのです。

 

痩せるためには痩せた状態での生活習慣が、

当たり前の状態になるからこそ体型もキープできます。

そこで今までの生活に戻ってしまうと体重も増えてしまいます。

痩せた生活習慣が標準になるためには過度な運動や食事制限は、

ストレスとなってしまうのでバランスよく少しずつ積み重ねることが大切です。

ダイエットで痩せるためには運動と食事のバランスを考えることなのです。