有酸素運動の効果はいつから?リバウンドしない運動の仕方

 

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的なのは言うまでもありません。

それはどこの雑誌でもネットの情報でも言われています。

まさにダイエットの運動の王道でもあります。

 

そんな有酸素運動ですがいつから効果が出るものなのでしょうか。

脂肪燃焼に効果的と言われつつもいつから効果が出始めるのか、

そこのところが分からないままでは継続し難いかもしれません。

 

有酸素運動の時間効率と効果の関係

 

有酸素運動は文字通り、

酸素を利用して体内のエネルギーを消費する運動のことです。

なので長い時間を掛けて行う運動強度の低いやり方であれば、

酸素を効率的に使い、有酸素性は高まっていきます。

その反対に強度の高い運動は無酸素運動となります。

運動強度が高くなればなるほど酸素を使わなくなります。

 

有酸素運動で代表的なものと言えば、

ウォーキングやジョギング、そして水泳や自転車があります。

長い時間できる強度の低い運動ほど有酸素性が上がりますが、

たとえばウォーキングとジョギングではウォーキングの方が強度が低く、

長い時間運動が行えるので、より有酸素性が高い運動だと言えます。

 

またジョギングとダッシュを比較すると、

これは明らかにジョギングの方が有酸素性が高いのは言うまでもありません。

5キロを全力で走るペースで42キロのフルマラソンを走ることはできません。

なのでフルマラソンを走りきる方が有酸素性が高いということになります。

 

ダイエットをはじめたばかりで、しかも運動をしていないなら、

最初にジョギングをはじめたとしてもすぐに息が上がってしまうでしょう。

そうなると酸素が足りない状態なので無酸素性が高くなっていると言えます。

そこで息が切れない程度の運動強度に下げななければいけないのですが、

そうなると今度はより沢山の時間を掛けないと脂肪が燃焼されません。

確かに有酸素運動は脂肪燃焼にはとても効果のある方法なのですが、

 

それでも即効性は期待できるものではないと知る必要があるのです。

 

そもそも早く痩せようとすること自体は無理があるのです。

そのためには息の上がらない程度の運動強度を少しずつ強くしていき、

また少しずつ上げていった運動強度を長時間行えるようにする。

なので全く運動をしていない状態からはじめた場合は、

まず体がしっかりと運動することに慣れていくことからスタートなのです。

脂肪が燃えやすい有酸素運動でもやはり長期的な目で見なければいけません。

 

脂肪燃焼のためには運動強度を下げることが大切ですが、

ですが強度を下げると効果が期待できなくなってしまいます。

そうなると効果を出すために長時間運動する必要があるのです。

なので毎日とまで言いませんが運動を習慣にすることで体を慣らしていき、

息の上がらない程度で運動強度を高めて、それをなるべく維持する。

 

一般的には脂肪の燃焼は15~20分あたりからはじまると言われています。

なので週に3~4回、30~1時間のペースで行っていけば、

1ヶ月に1~2キロずつとゆっくりではありますが痩せることができます。

1ヶ月で5~6キロ痩せようなんて無理なことを考えない方が賢明です。

短期集中型のやり方は、ほぼリバウンドすることになってしまいます。

はじめたばかりは時間効率が悪く効果が出難いかもしれませんが、

運動を習慣にすることで効率良く痩せることができるようになります。