体脂肪を減らす為の運動は女性にとって効果的なのか?

 

太る原因は摂取カロリーが消費カロリーを上回ることにあります。

つまり一生懸命に運動を継続しても痩せられないのは、

運動することで食欲が増してしまう食べ過ぎにあります。

 

また普段の生活の中でも食事は脳にとって心地の良いものなので、

自分でも気が付かないうちに食べ過ぎていつの間にか太ります。

遺伝やストレスもあますが大抵の人はここに原因があります。

 

体脂肪を減らすことと体脂肪の関係

 

確かに運動によってエネルギーを消費できることに違いはありません。

カロリーを消費すれば、体脂肪を燃やすことはできます。

だけどここから説明することが重要になります。

 

体脂肪は備蓄型エネルギーなのですぐには使われません。

 

だから何が言いたいのかというと、

運動強度を高めたり、短期的に痩せようと頑張っても、

その時に消費されるエネルギーのほとんどは肝臓や筋肉などの、

即効型エネルギーがまずはじめに消費されてしまうことになります。

なので運動だけでは体脂肪を燃やすことが難しいのです。

 

即効型エネルギーとは「グリコーゲン」と言われるものです。

このグリコーゲンとは簡単に言うと糖質のことを言います。

運動をすることの見えない落とし穴は食欲が増してしまうことですが、

即効型のエネルギーである糖質がまず最初に使われていきます。

そしてエネルギーが不足すると体は元の状態に戻ろうとするので、

 

運動をすることで糖質が欲しくなってくるのです。

 

それはご飯やパンや麺類などの炭水化物であったり、

お菓子なども糖質が豊富に含まれているので欲しくなります。

わたし達の体には自然治癒力があって損傷すると更に強度を高めようとします。

それは、また同じ損傷を負ってもそれに耐えられるように進化するからです。

なので筋トレで筋肉をいじめることで超回復で筋肉が肥大します。

それと同じように運動をすれば、もっと運動に耐えられるように、

普段よりももっと糖質が欲しくなるという悪循環が起こってしまいます。

 

それでもプロボクサーやボディビルダーはなぜ食事制限ができるのでしょうか。

それは非常にシンプルで糖質への欲求に耐えるだけの精神力があるからです。

更には試合という目標があるので極限の食事にも耐えることができるのです。

一般女性にこのような精神力を求められても非常に難しいところです。

体脂肪を減らす為の運動には糖質への欲求が課題と言っても過言ではありません。

リバウンドしてしまう人のほとんどがこの食べ過ぎではないでしょうか。

 

たとえプロボクサーやボディビルダーであっても、

過酷な減量によって作り上げた肉体を維持することはほんの一瞬です。

試合やコンテストが終われば一般人ほどではないにしても元に戻ります。

このことから頑張って運動だけで痩せようとすることは無理があるのです。

 

食べた分だけ運動すればいいという考えは全くの誤りではありませんが、

運動だけで痩せようとすることはかえって太りやすくなる可能性もあります。

女性が痩せるにはある程度の食事制限はどうしても必要になりますが、

食事を無理に”制限”することよりも”改善”していくだけでも効果があります。

それは糖質を抑える食事の方法を考えれば良いのです。

女性が体脂肪を減らす為には運動だけでなく糖質を抑えることが大切です。