運動しても痩せない理由とはやればやるほど○○が増すから

 

太る原因は食生活に問題があるからです。

なので今までの食事の仕方を改善することが大切です。

ダイエットで痩せるには運動と食事制限が必要なのです。

しかし運動しても痩せない人がいますが理由は何なのでしょう。

 

それには運動することであることが増してしまうからなのです。

そしてこれがもの凄く重要なポイントでもあるのです。

ここが上手くいかないのでほとんどの人は成功できません。

 

運動しても痩せない理由とは?

 

最近太ってきたからと言って、

運動で何とかしようとしても食生活がそのままだと痩せません。

太る原因が食べ過ぎにあるので運動だけでは難しいのです。

なので食事制限と合わせて行うことが必要となってきます。

しかし運動というのはある落とし穴があります。

 

それは運動強度が上がれば食への欲求も増してしまうことです。

 

運動をすれば達成感がもの凄くあります。

そしてランニングやウォーキングをすれば汗もかきますので、

身体の感覚や外見の変化的に見てもやりきった感じにさせられます。

 

ところが例えば、ランニングを時速8キロで30分したとしましょう。

時速8キロは少し走る程度の感じですが30分も行えば疲労感が残ります。

この疲労感はそのまま達成感を感じさせてやりきった満足を味わえます。

ところが実際の消費カロリーはたったの200キロカロリーしか減りません。

 

これが何を意味しているかお分かりでしょうか。

200キロカロリーであればコンビニの菓子パン1個で摂取できます。

ましてやスナック菓子ともなれば半分程度で簡単に摂取できてしまいます。

あれだけ頑張ってほんのちょっと食べれば簡単に元通りなのです。

 

ところが運動をすれば達成感があるのでついいつもより多く食べてしまいます。

このいつもより多く食べてしまうのが既に食べ過ぎになってしまっているのです。

運動強度が上がれば食への欲求も増すので実は悪循環になっているのです。

この事実を知らずに運動だけを励んでも痩せることができないのは当然です。

 

運動の後のビールは格別に上手いと感じませんか?

頑張った後のご褒美に甘い物を食べると余計に美味しく感じませんか?

 

これは運動をすることでより美味しく感じてしまうのです。

なので人は食べれば食べるほど、どんどん食べたい欲求が強くなっていきます。

更にそこに運動をしているという安心感が追い打ちを掛けてきて、

この痩せられなくなってしまう事態を分からなくさせてしまっているのです。

普段から好きな物を自由に食べるという食べ過ぎも問題がありますが、

 

ダイエット中の運動による油断が生じさせる食べ過ぎにも注意が必要です。

 

なので運動による食への欲求とも向き合うことがダイエット成功のカギです。

そしてここに運動をしても痩せない理由があるのです。

痩せたいと考える人ほど、できるだけ短期間で痩せようとし、

短期間で結果を出そうと運動に一生懸命に励む傾向にあります。

 

しかしそれでは食習慣そのものを変える訳ではありませんので、

ダイエットが成功したとしてもかなりの高確率でリバウンドします。

理想の体重や体型にしていくには長期的に臨んでいかなければいけません。

食事制限もいきなりではなく少しずつ制限を加えることが大切なのです。