痩せる習慣は「朝」にある!ダイエット朝活のすすめ

 

ダイエット成功の秘訣は生活習慣を変えることです。

生活習慣を変えるとは自然と痩せる習慣に生活を変えることです。

その秘訣とは「朝」にあります。

 

そして何でもそうですが成功とは習慣を変えることなのです。

ダイエットでもそのことに変わりはありません。

しかしそこを無視すると過度な食事制限を考えたりします。

 

夜は抑えて朝はしっかりと食べる

 

朝の食事はしっかりと食べるようにしましょう。

特にダイエットに慣れていない人が考えがちです。

手っ取り早くダイエットの効果を得たいがために朝の食事を抜きます。

朝起きた瞬間というのは眠いし食欲もあまりないかもしれません。

ですが朝の食事を抜くことで脳に必要なブドウ糖が巡っていかないので、

頭の回転が鈍ってボーっとしたり、集中力が出なかったりします。

 

どうしても朝起きて体が起きてこないなら、

コップ一杯の水を飲んでみたり、ストレッチすると良いです。

朝起きてすぐに水を飲むと胃腸を上手に刺激することができます。

そうなると朝のお通じが良くなって気分も悪くなりません。

更に血液をサラサラにする効果もあるので美容にも良いのです。

 

ストレッチは朝起きてからベッドの上ですぐにできます。

何も本格的にやらなくても少しずつ手や足を伸ばしていくだけです。

簡単な方法で良いのなら毎日続けても気が楽だと思いませんか?

ストレッチは目覚めが悪いときや気分がスッキリしないときに効果的です。

暖かい布団の中で行える方法で体にも気持ちにも負担が少なく行えます。

特に冬場の寒い時期は起きることそのものが苦痛だったりしませんか?

そんなときこそ布団の中でストレッチをすると行動しやすくなるのです。

 

また体を動かす行為なので軽い運動にもなります。

肩こりや腰痛、胃腸の働きを良くして便秘にも効果的です。

また大人になると階段の昇り降りなどちょっとしたことで疲労感が出ます。

そんなときにも手軽に布団の中でストレッチする習慣を付けるだけで、

身体が軽く感じて今まで億劫だったことも簡単にできてしまいます。

たったこれだけでも痩せる習慣を身に付けることができます。

 

そしてその痩せる習慣は「朝」にあります。

 

そうすれば無理して食事制限をする必要もありません。

無理して食事制限をすれば朝出掛けるときから気分が重たいです。

それよりも朝の食事をしっかりととっておいた方が、

同じ出掛ける瞬間でも気分の軽さがまるで違います。

食事制限をするべきなのはむしろ夜にすべきなのです。

夜は体の機能が休みへと自然と向かうので機能全体も緩やかになります。

 

そこで胃の働きを活発にするようにたくさん食べるより抑えておくことで、

体のリズムに合わせられるので効率の良い消化吸収が行えます。

効率の良い消化吸収ができるということは栄養を効率よく分配できるので、

無駄な脂肪になって体重が増えたり見た目が太くなったりしないのです。

夜は抑えて朝はしっかりと食べるというのは体のリズムに合わせた考え方なのです。