アンダーヘアの形を自分で思い通りに作る整え方

 

自己処理では意外と思った通りに整えるのは難しいものです。

ですがアンダーヘアは女性の身だしなみとなっています。

そこで思い通りの形を作る整え方についてご紹介します。

 

アンダーヘアの処理は海外では常識となってますが、

日本では海外ほど意識が薄いと言われています。

ですがそれでも7割以上は何らかの方法で処理をしています。

デリケートゾーンと言われるVIOラインの処理は、

次第に日本にも浸透してきているのです。

 

アンダーヘアを理想通りの形にする整え方

 

アンダーヘアを処理しようと思ったら、

必ず立ちはだかる悩みと遭遇することになります。

それはどのような形に整えれば良いのかということです。

厳密にアンダーヘアの形には正解というものはありません。

 

それはわたし達が普段ヘアースタイルな髪型にしたり、

美容室に行ってカットするのでもショートからロングとか、

ストレートからパーマまで人によっていろいろとあるので、

ヘアースタイルに正解がないのと同じことが言えるのです。

 

ですが一般的に多い主なアンダーヘアの形があります。

それはあなたの関わっている人や個人的な好みによってありますが、

以下のような形があります。

 

  • 逆三角形 = 少しだけ処理したい人には広めの三角形がお勧めです。
  • ナチュラル = 最も自然な形で男性にも人気があります。
  • ハート = 可愛らしさがある形で全体を短めにして凹み部分は毛抜きで処理します。
  • スクエア = 指1本分か2本分くらいの幅の長方形で短めにカットします。
  • オーバル = スクエアと同じ小さめだけどたまご型にする形です。
  • ハイジーナ = 衛生的という意味で毛のないスタイルです。

 

主にはこのような整え方があります。

そして自己処理する場合と脱毛サロンに行く場合と二通りありますが、

やはり理想通りに綺麗に整えて、かつその形をキープし続けたいなら、

断然脱毛サロンに通って形を整える方が良いです。

 

自己処理では上手くいかない場合もあります。

形によっては自分でやるには難しかったり肌を傷付けることもあるので、

IラインやOラインよりも整えやすいVラインではありますが、

それでもプロに任せた方が安心できるのは確かです。

 

どこでも言われていることですが、

専門家に処理してもらうことが最も安心で確実なので、

脱毛サロンに通ってきっちり整えることを前提にして、

それまでの繋ぎとして自己処理を行うようにすると良いでしょう。

いつまでも自分で処理し続ける手間は面倒臭いものです。

何もしなくてもずっと理想の形でいられる方が嬉しいですね。