毛を剃ると濃くなったと感じてしまう原因

 

あなたも気になったことがありませんか?

毛を剃ると濃くなると言う悩みです。

実際に濃くなったと感じたことがあるのではないでしょうか。

 

しかし医学的には濃くはならないと言われています。

ではなぜ濃くなったように感じるのかと言うと、

剃った断面がそのまま伸びるので濃く感じるのです。

だからといってそのまま放置するわけにもいかないですよね。

 

それでも毛を剃ると濃くなる原因がある

 

実は剃り方によって毛は濃くなってしまうことがあります。

ではどのような剃り方が濃くなるのかと言うと、

 

  • 毛の流れの反対方向に剃る逆剃り
  • 強く押し当てて剃る深剃り
  • 何も塗らずにそのまま剃る空剃り
  • 同じ場所を何度も剃る
  • 痛んだ歯をずっと使い続ける
  • 毎日剃る

 

このようになってますが、

スポンサーリンク

こんなことを注意していたのでは剃ることが困難です。

ですがこれらには全てあることが共通しているのです。

それは肌へダメージを与えてしまうということです。

肌は傷付いてしまうと外敵から肌を守るために毛を濃くしてしまいます。

そもそも毛が何のために存在するかはあなたもご存知ですね?

 

毛は身を守るために存在しているのです。

 

頭部に毛が集中しているのが良い例ではないでしょうか。

また剃る以外にも抜くという処理の仕方も一般的ですが、

毛は毛根に繋がっている毛細血管から栄養を摂り込んで成長します。

そこで毛を無理やり抜いてしまうと毛細血管が引きちぎられ、

そして治る際に以前よりも太い血管となることで毛も太くなります。

それは筋肉を鍛えて筋繊維が太くなるのと同じ原理なのです。

ではどうやって毛の処理を行えば良いのでしょうか。

 

それはまず最初に湯船に浸かって肌を温めておいて、

肌が柔らかくなった状態からクリームを塗って、

肌を伸ばしながらカミソリやシェーバーで剃ることです。

もちろん除毛クリームやジェル処理剤などでも良いでしょう。

 

しかし、こんな自己処理をずっと続けることは非常に手間ですね。

なのでいずれは脱毛サロンで永久脱毛を念頭に入れておくと良いと思います。

永遠と続く作業よりは、いつか終わりが来る作業だと思って行う方が、

普段の自己処理もしっかりと行えるのではないでしょうか。