ワキガの原因となる食べ物とたった1つの改善方法

 

汗をかくとワキガの臭いが気になる人も多いと思います。

それでも自分の気付かないところで臭いは出てしまうものです。

そんなワキガには原因となる食べ物があります。

 

またその食べ物を変えることで、

身体の内面から臭いが発生しないようにすることもできます。

ではどんな食べ物が原因でどんな改善方法があるのでしょうか。

 

ワキガの原因となる食べ物

 

食べ物はエネルギー源であり、毎日摂取していかなければいけません。

しかしそんな食べ物が災いしてワキガを誘発してしまうことになります。

その主な原因は偏った食生活とアルコールの摂りすぎです。

 

  • 牛肉、豚肉、鶏肉、たまご、乳製品などの動物性タンパク質
  • 油を多く使った食品
  • ジャンクフード、インスタント食品
  • にんにく、玉ねぎなどの臭いが強いもの
  • 唐辛子、キムチなどの香辛料
  • 洋食中心

 

いかがでしょうか、

わたしたちの生活にごくありふれた食品であり、

常日頃から口にしている食べ物ばかりです。

またアルコールは、それ自体が強い臭いをもつ物質でもあります。

スポンサーリンク

アルコールを飲むだけでワキガになりやすいと言えます。

また食べ物以外では煙草やストレスもワキガの原因となります。

それからわき毛を処理することで嫌な臭いの解消にもなるにもお伝えしましたが、

間違ったムダ毛処理もワキガを誘発してしまうのです。

 

ワキガを抑える改善方法

 

ワキガを抑えたいなら、

上記で紹介した原因の反対の食べ物にすれば良いのです。

 

それは和食中心の食生活にすることです。

 

元々、日本人は和食中心の生活スタイルでした。

それが文明の発展と共に洋食が広まっていき、

いつしか洋食中心の生活スタイルになっていきました。

ところが本来、和食中心だったのが日本人なので、

洋食中心になった途端に身体に様々な問題を抱えることになりました。

そのひとつがワキガになりやすいということなのです。

 

ですが和食中心の生活スタイルにすることで、

野菜や魚類を中心とした食べ物によって、

体臭の消臭効果が期待できるビタミンCやビタミンEが摂れます。

大豆、レンコン、カボチャ、ニンジン、ほうれん草、

梅干し、生麦、酢、レモン、メカブ、緑茶など、

日本人に馴染みの深い食べ物は消臭効果があります。

 

和食には栄養のバランスが良いので健康的であるだけでなく、

体臭を抑える効果も大いにあるということなのです。

食べ物を変えるだけであの嫌な臭いを抑えられるなら、

今から意識してすぐにでもできることではないでしょうか。

臭いは人のイメージに強く認識されるくらい強烈なインパクトがります。

しっかりと対策をとって改善していくようにしましょう。