自分の事が嫌いな人

 

自分を愛せるから、他人を愛せる。

なんて言われたりしますが、

そんなことできたら苦労はしないですよね。

では自分の事が嫌いな人はどうしたらいいのでしょう。

 

あなたが鏡に向かう時間が減ったというなら、

それは女性として赤信号かもしれません。

いえ、そんなことは分かってるのかもしれません。

 

「異性に感心がなくなれば、女としての色気もなくなる」

「お洒落をしなくなると、急にオバサンになってしまう」

 

こんなことはあなただって承知のことだと思います。

けど多くの女性は分かっていてもどうすることもできず、

心のどこかで罪悪感を抱きながら今を生きています。

 

「だって仕事が忙しいし・・・」

「お金だってないからできないし・・・」

「疲れてそれどころじゃない・・・」

 

このようにいろんな理由があるかと思います。

けど一方ではいつまでも女性らしく輝いてる人もいます。

 

女優やモデル、一流クラブのホステスたちはいつだって、

年齢に関係なく女性としての輝かしいオーラを放っています。

その輝きは、まるで別世界の住人のようにさえ思えます。

けどこのような女性からはこのようなことを言います。

 

「女は見られることで綺麗になっていく」

「自分を見つめられる女は綺麗になる」

 

これは見ることの重要性を教えてくれています。

つまり視線の影響力は人を変える力を持ってるんです。

それは今までパッとしなかった素朴な女の子でさえも、

好きな人ができた途端に急に可愛くなることもあります。

 

芸能人だってそうです。

テレビCMやいろんな番組に出れば出るほど輝いていく。

それは自分を見てくれる人の視線を意識しているからなんです。

 

そして見られ続けると、それが快感になっていくんですね。

 

更に自分で自分を見つめることも楽しくなっていきます。

自分磨きをしようといろんなことに興味を持ち始めます。

毎日が楽しくて、鏡に映る自分を見る回数も増えていきます。

外見だけでなく自分自身の内面も見つめるようになります。

 

自分で自分を見つめられる女性はもっと綺麗になっていく。

 

なぜなら自分のことを理解できるからなんですね。

自分の事が嫌いな人は、鏡で自分を見ようとしません。

鏡に映る自分が嫌だから見ないようにしてしまうからです。

けどあえて自分から鏡に映った自分を見ようとすることで、

今までの自分への思い込みも誤解だったことに気付けるのです。

 

そうなると脳内では成功へのスイッチが入ります。

 

そもそも自分の事が嫌いな人は、

過去の痛みの経験が元となっているケースがほとんどです。

彼氏にフラれて、こんな自分なんて価値がないと思ったり、

親に言われた一言に傷付いて自分を必要以上に過小評価したり、

このような何らかの過去の痛みの経験があるんですね。

なので自分の事が嫌いな人は痛みから自分から目を逸らします。

 

だけど人生を変えたいと心から望むのなら、

あえて自分のことを見つめていく必要があります。

時には見たくない過去も見なければいけないかもしれません。

けどそんな時は決して無理して自分と向き合う必要はありません。

少しずつでも時間を掛けて自分と向き合い続ければいいのです。