性的魅力を感じない…結婚を悩む人のたった1つの解決策

 

最初は新鮮なあの感覚も、

時間の経過とともに段々と薄れていくものです。

性的魅力を感じないと恋愛感情も薄れてしまうので、

こんな人と結婚なんかして大丈夫だろうかと悩むことだと思います。

 

多くの女性は性的魅力を感じない男性と結婚はできないと言います。

一方で性的魅力を感じなくても結婚できるという人もいますが、

実際にはその割合は少ないようです。

 

結婚ともなるとずっと一緒にいることになるので、

性的魅力に関してはどうしても薄れてしまいます。

その代わり、それに代わる「何か」が必要になってくるのです。

もし、その何かが分かればいつまでも相手に魅力を感じることができます。

それは性的魅力に限ったことではなく人間としての魅力です。

 

もしそんな魅力を感じ続けることができるとしたら、

あなたはそんな人とずっと幸せに暮らせると思いませんか?

ですがそれは自分から意識的に行っていくことが必要なのです。

そしてそれはパートナーとの協力も必要となってきます。

だからといって決して難しいものではありません。

そんな幸せな結婚生活が送れる解決策をお伝えします。

 

セックスレスになる理由

 

世の中にはセックスレスという夫婦や恋人がいます。

日本性科学会では以下のように定義しています。

 

特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが一ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合

 

つまり1ヶ月以上、体の関係がないことです。

性的魅力を感じなくなると、体の関係はなくなっていきますね。

そんな人と一緒にいることに意味があるのか疑問に感じると思います。

まして結婚をする相手に性的魅力を感じないなら不安かと思います。

 

わたし達は異性に限らず、

素晴らしい部分を持っている人には魅力を感じます。

それを言い換えると「憧れ」とも言えるかもしれません。

 

反対に魅力を感じない人はどんな人でしょう。

何の取り得もない、努力もしない、生き生きしてない、

そんな人には魅力を感じることはまずあり得ないですね。

 

ところがいくら最初は魅力的に感じる人であっても、

人は慣れてしまえば最初ほどの感動は薄れてしまうものです。

好きな人と念願が叶って付き合えたとしても、

時間の経過とともに慣れていって魅力を感じなくなります。

 

性的魅力を感じない理由は刺激がなくなるから?

 

時間の経過とともに慣れていくと、

段々と魅力を感じなくなってしまうのですが、

慣れるということは刺激がなくなるということですね?

なぜなら刺激があることっていつも新鮮だからです。

 

だけど最初は魅力を感じなくても後から感じることってありませんか?

 

たとえば最初は素敵だと感じないような、

どこにでもいるような普通の人だと思ってたけど、

その人と一緒にいて知っていくと次第に魅力を感じるようになった。

このようなパターンは意外とあることではないでしょうか。

 

なぜ一緒にいると魅力を感じるようになるのでしょう。

最初に性的魅力を感じないとしてもそれが生理的に無理ではないなら、

一緒にいるうちに異性として見られるようになることがあります。

 

実はここに相手に魅力を感じ続けるヒントがあります。

結婚して一緒にいると性的魅力は薄れていきますが、

スポンサーリンク

それに代わる「何か」によっていつまでも魅力を感じることができます。

そしてそれは非常にシンプルなあることを実行するだけなのです。

 

たった1日1回だけ相手のことを褒める

 

人は自分のことを認めてくれる人に心を開きます。

あなたも自分のことを認めてくれる人には心を開きやすいですよね。

決して自分を否定してくるような人に心は開けないと思います。

そしてそんな人に心を開こうなんてできないのではないでしょうか。

 

一緒に暮らしていると慣れていくので、

次第に相手の嫌な部分が目立ってくるようになります。

そうなるといつの間に最初とは違う見方になってしまいます。

最初は素敵だと思っていたはずだった相手のことが、

靴下を脱ぎっ放しとか、片付けをしないとか、

ちょっとしたことが問題として気になってしまいます。

なぜそうなるの分かりますか?

以下の画像をご覧下さい。

 

性的魅力を感じない…結婚を悩む人のたった1つの解決策2

お分かりでしょうか。

ある部分だけが違っていて気になりませんか?

わたし達はこのように異なる部分が気になってしまうのです。

分かっているけどどうしても意識がそっちにいってしまうのです。

なので相手の気になる部分が気になってしまうのです。

 

それを回避して相手に魅力を感じるには褒めることが一番の特効薬です。

 

なぜなら相手の問題の部分ばかりが気になっていたのが、

相手の良い部分を見つけて褒めるという逆のことをするからです。

そして相手に伝えることでより意識がそっちにむくようになります。

それをお互いにすることでお互いが良い方向へと向かうのです。

非常にシンプルで簡単だと思いませんか?

 

仲の悪い夫婦やカップルにお互いを褒めることはしないですね。

そういう仲こそ相手を褒めることがくすぐったくて抵抗があります。

それが何を意味してるのかというと気持ちが偏り過ぎているのです。

距離が近い者どうしだとこの距離感が上手く掴みにくいものなのです。

 

友達同士ならケンカしても1日経てば仲直りすることができますね。

またケンカ別れてしても時間が経てば許し合えたりしますね。

距離が近過ぎると距離を置くことが難しいのでこじれるのです。

仲の良い夫婦ほどお互いの距離感を上手く考えているはずです。

 

その距離感を上手くバランス調整するのがお互いを褒めることなのです。

1日1回だけ、最初は抵抗があっても意識してやってみることで、

段々と慣れてきて意外と魅力的に感じるようになってきます。

 

自分から刺激を見出していくことが大切

 

お伝えしたようにわたし達は慣れやすい生き物です。

慣れることは非常に良いことが多いのですが、

時として慣れは弊害を生んでしまうことがあります。

 

それは夫婦や恋人同士の関係がそうではないでしょうか。

慣れていくと落ち着いてきて良いことも確かにありますが、

性的魅力を感じないとか、嫌な部分が気になりだすとか、

こうした弊害も同時に潜んでいることを知っておく必要があります。

なぜなら知らないから上手くいかずに別れてしまうことがあるからです。

そこで関係を良くしていくための工夫が必要となってくるのです。

 

そしてそれは自分から刺激を見出していくことなのです。

 

魅力を感じるようになるには、

相手任せにしていては決して得られることはありません。

だけどどう魅力を感じるようにすればいいか分からないものです。

そこで1日1回だけ相手のことを褒めるという、

非常にシンプルで具体的な方法なので誰でも簡単にできます。

そんなことを意識してみてはいかがでしょうか。