そばかすの原因って何?なぜできてしまうのだろう…

 

シミやそばかすができてしまうと元に戻すことが難しいですね。

できてしまったらすぐには消すことができないのが難点です。

その為には、できないように原因を知っておく必要があります。

 

特にそばかすは広範囲にできてしまう特徴があります。

茶褐色で顔に斑点のようにできて暗い印象にも見えてしまいがちです。

なぜこのような厄介なものができてしまうのでしょう。

 

そばかすの原因

 

そばかすには先天的にできるのと後天的にできる2種類があります。

先天的にできるものは思春期に入って増えるようですが、

思春期を過ぎると薄くなって消えてしまう場合もあるようです。

よくそばかすの女の子が可愛いと言われるのは思春期だけのことで、

大人になっても残ってしまうと逆に印象が悪く見えてしまいます。

 

ですが問題なのは後天的の大人になってからできるものです。

この後天的にできたそばかすはできてしまうと消えないと言われています。

それどころか年齢を重ねると、どんどん目立ってしまう特徴があります。

 

またよくシミとそばかすは症状がよく似ているのですが、

スポンサーリンク

シミの場合は20代後半から紫外線によって年齢と共にメラニン色素が増え、

または肌の老化現象によって色素沈着を起こしてできてしまいます。

ではそばかすができてしまう原因はと言うと、

 

多くの場合は遺伝によってできてしまう先天的要素と、

スキンケア、洗顔、化粧品、ストレス、ビタミン・ミネラル不足、

それから睡眠不足なおdの生活習慣の乱れによるものか、

最も大きな原因としては紫外線によるものだと言われています。

 

シミもそばかすも紫外線が大敵と言えます。

 

二の腕の裏側は紫外線にほとんど当たることはありません。

なので他の皮膚より白くてきめも細かくてつやも清潔感もあります。

紫外線に当たっていないだけでここまで違いがあるということなのです。

二の腕の裏側を見れば紫外線がどれほど肌に影響を与えているか分かります。

それだけ紫外線対策は美白や美肌には大敵と言えるのです。

 

紫外線を大量に浴びればメラニン色素の生成が活発になります。

メラニンは肌を守るために黒い色素によってバリア機能を果たします。

ところがメラニンの生成が多く、かつ新陳代謝が遅いとシミやそばかすができます。

新陳代謝とはターンオーバーとも呼ばれ28日周期で肌が生まれ変わります。

そのときメラニンも新陳代謝と共に剥がれ落ちますが、

ターンオーバーの周期が遅くても早すぎても肌のトラブルを引き起こします。

なので肌への対策として最も大切なのは生活習慣の改善です。

これは基本中の基本として何かあればまず生活習慣を疑うことです。