美しい肌に憧れませんか?

美白はスキンケアの基本とも言われていますね。

しっかりと対策をすることが大切なのです。

 

スキンケアによる対策とは、

メラニンと呼ばれる皮膚の色素を抑えることです。

肌には、「表皮層」と「真皮層」の2つに分かれています。

表皮層は、28日の周期で生まれ変わります。

真皮層は、肌のハリや弾力の元となるものです。

 

メラニンは紫外線やストレスによって、

表皮層の一番下にあるメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞が活発になり、

メラニンが大量に作り出されていきます。

 

表皮層は28日の周期で生まれ変わるので、

作り出されたメラニンはそのタイミングで角質層まで押し上げられます。

本来は、角質層まで押し上げられれば、自然と元の状態へと戻ります。

 

よく日焼けをすると肌が褐色になりますが、

紫外線によって褐色になったメラニンが酸化するからです。

 

それでもシミやくすみなど、美白の邪魔となるものが出てきてしまうのは、

間違ったスキンケアによって代謝のリズムがおかしくなるからです。

それによってメラニンの排出が上手くいかずに留まり続けてしまうのです。

 

美白になるためのスキンケアは、

やはり正しく行わなければ逆効果だということがお分かり頂けたでしょうか?

 

美白について考えることが、美肌になることそのものなのです。

 

では、メラニンとはそんなに問題のあるものなのでしょうか。

実はシミのくすみの原因がメラニンであるからと不要なものと思いがちですが、

メラニンとは、紫外線から肌細胞を守るために存在します。

決して不要なものではなく、必要なものだから存在しているのです。

 

表皮層は28日の周期で生まれ変わるのですが、

この周期のことをターンオーバーと言われており、

シミやくすみの原因はこのターンオーバーエラーにより、

本来はすぐに消えてしまうメラニンがシミやくすみが消えなくなるのです。

消えないシミやくすみは、そのままいつまでも定着してしまいます。

 

そして紫外線だけでなく、

活性酸素、慢性的な炎症、血行不良、ホルモンバランスの乱れなどあります。

 

スキンケアも大切ですが、毎日の食事や睡眠などの見直しも大切です。

美白にはスキンケア以外にも生活習慣全般を整えることが重要なのです。

 

あなたももっと綺麗になりたいですよね。

そのためにも肌の構造がどのようになっているのかを知り、

正しいスキンケアと生活習慣の見直しで美白を目指すようにしましょう。