美白にはスキンケアで外側だけでなく、

美白効果の高い食べ物を摂取することで、

スキンケアの効果を高められるのをご存知でしょうか?

 

美白には日焼けをしないように紫外線対策も大切です。

スキンケアによる基礎化粧品を毎日使い続けることも大切です。

それと同時に美白効果の高い食べ物を意識的に摂取することで、

それらが相乗効果となってより早くより効率的になるのです。

 

肌はターンオーバーを繰り返すことで、日々身体の細胞は生まれ変わります。

動物にはホメオスタシスという機能が備わっており、

常に身体の状態を一定に保とうとする働きがあるのです。

 

夏の暑い時期は汗をかきやすいですね?

それはホメオスタシスの機能によって体温を調節しているからです。

このような正常に保とうとする機能が衰えることを老化と言います。

このホメオスタシスの機能を正常にするには食べ物に気を使うことです。

美白には外側だけでなく、内側からもアプローチを掛けることが大切なのです。

 

美白効果の高い食べ物から摂取できる栄養

 

あなたは朝食は何を食べているでしょうか?

できれば朝食には果物類を食べることで美白効果が高まります。

果物類には美白効果の高いビタミンCが豊富に含まれているからです。

ビタミンCとはよく聞きますが、美肌作りの基本中の基本とも言えます。

ビタミンCには「ビタミンC誘導体」という化粧品すらもあります。

食べ物だけでなく系商品として使われるくらい万能な存在なのです。

以下に美白効果と抗酸化作用が期待できる成分を紹介します。

 

ビタミンC:

レモン、オレンジ、キウイ、イチゴ、ミカン、サクランボ、トマト、アセロラなど、

水溶性のビタミンでメラニンを還元する作用があります。

 

ビタミンE:

らっかせい、モロヘイヤ、赤ピーマン、バジル、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草など、

別名「若返りのビタミン」とも呼ばれ、肌の老化やシミやシワの原因となる、

活性酵素を除去する働きと血行を良くして新陳代謝を高めてターンオーバーを促進します。

 

β-カロチン:

しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、メロンなど、

主には緑黄色野菜に多く含まれており、強い抗酸化作用で老化を防ぎ、

紫外線からのダメージを弱めて、シミやくすみによる色素沈着を薄くします。

 

L-システイン:

大豆、はちみつ、かつお、いわし、まぐろ、エビ、鶏卵、プロセスチーズなど、

システインは、食品に含まれるアミノ酸であるメチオニンから体内で合成されます。

新陳代謝を高めてしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える高価があります。

また二日酔いやデトックス効果もあり体内毒素を除去してくれます。

 

リコピン:

ミニトマト、スイカ、グレープルーツ、トマト、柿など、

リコピンと言えばトマトが連想されるくらいトマトには強力な抗酸化作用があります。

トマトに含まれるリコピンの抗酸化作用は、ビタミンEの100倍とも言われています。

シミやシワに防ぎ、特に目元のシワの数が減少するなどの改善効果もあるようです。

 

美しい肌には食べ物で内側からもフォロー

 

毎日のスキンケアだけでなく、

美白効果の高い食べ物で内側からもフォローしましょう。

人は食べ物によって生命を維持しています。

食べ物があまり栄養価の低いものだと心と身体に強く影響します。

それだけに食べ物にこだわることで、より美しい肌に近づくことができるのです。

だからこそ美白効果の高いものを摂取することが大切です。