間違ったクレンジングをすると、

思わぬトラブルに発展することをご存知でしょうか?

せっかく透明感のある美白を目指しているのに、

その逆にクレンジングで問題が起きるなんてイヤですね。

 

「肌に良くてクレンジング効果があるものがいい」

 

女性なら誰もが思うことだと思います。

ですがクレンジングはしっかり落とせるものは肌を痛める

反対にメイクを落とす力が弱いと、これも肌を痛める原因に・・・

これではクレンジングに何を選んで良いのか分かりません。

 

そうなると美白に良いクレンジングなんて、

まるで雲を追うかのように遠いもののように感じてしまいます。

 

 

クレンジングとは?

 

メイクをしている女性ならば、誰もがクレンジングをしますね。

メイクは洗顔フォームだけでなく、その前にクレンジングが必要です。

 

特にファンデーションを付けている限り、

クレンジングはどうしても必要なものとなってきます。

なぜなら、ファンデーションは油性なので水と馴染まないからです。

なので石鹸や洗顔料だけでは完全に落とし切ることができないのです。

そこでクレンジングオイルの役割ということです。

 

ただクレンジングにも様々な種類がありますね?

気を付けたいのがシートタイプのようにゴシゴシするものです。

シートには、界面活性剤を含んでいるので肌を痛めやすいのです。

また使う成分の量を少なくするのもしっかり落ちない原因になります。

なぜならメイクを浮かせて落とすという仕組みになっているからです。

 

オイル系、ローション系、ジェル系など様々な種類があり、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

どれが良いのかよく考えて、

トライアルセットなどのお試しをしてみると良いでしょう。

 

クレンジングは毎日のケアのひとつです。

間違った選び方やメイクお落とし方をすると肌のトラブルになりかねません。

透明感のある美白を目指すのであれば、クレンジングに手を抜かないことが大切です。

 

 

美白にも良くクレンジングのトラブルを防止するには?

 

透明感のある美白を目指すのであれば、

しっかりとメイクを落とすことができ、かつ肌を痛めないものとなります。

 

まずクレンジングのタイプはクリームのタイプが良いでしょう。

なぜなら、油分と界面活性剤が適度に含まれているからです。

これがミルクのタイプになると水分が多いのでメイクにあまり馴染まず、

特にファンデーションは落ち難くなってしまいます。

メイクそのものが軽いのであればミルクタイプの方が良いです。

またいずれのタイプも肌に刺激の強いクレンジングですが、

 

使う量をケチらずに適正量を短時間で行うことが重要です。

 

界面活性剤が含まれているので必要以上にこすったりすると、

肌のトラブルになる可能性が高くなってしまいます。

このように成分に頼らず、正しい使い方を心掛けることが、

肌のトラブルを未然に防ぎ、美肌に良いクレンジングの仕方です。

 

クレンジングはくまでメイクを落とすことが役割です。

美白を期待するならば、スキンケアでその役割を担ってあげましょう。

それぞれの役割を理解して正しく行うことが美白への道です。