顔のくすみがひどくて・・・

透明感のある肌を取り戻したくありませんか?

顔のくすみの原因は、紫外線や年齢が重なると共に、

新陳代謝が低下していき、角質層が重なってしまってしまうことです。

そして慢性化してしまうとなかなか取れないやっかい者となります。

 

慢性化した顔のくすみは、プラス5歳老けて見られてしまいます

 

あなたが気になる男性が、その顔のくすみを見たとき、

ちょっといいなと思っていてもくすみが原因で恋愛対象外にもなります。

それだけ顔のくすみは目立ってしまうものでもあります。

 

 

顔のくすみは肌の表面の汚れ

 

顔のくすみの原因は、冒頭でもお伝えしたように、

顔の皮膚の角質層が重なってしまったり、紫外線による色素沈着です。

紫外線によってメラニンが生成されることにより、

 

  • 顔色が暗くなる
  • 皮膚細胞を酸化される
  • 新陳代謝が下がる
  • 角質層が厚くなる

 

このような状態になってしまいます。

特に古くなった角質層がはがれ落ちずに肌表面に残ることで、

角質層自体が少し黒みを帯びているので顔全体が濃くなってしまうのです。

 

そしてもうひとつの原因は、

 

肌の表面の汚れが十分に取り除かれていないことです。

 

メイクを落とすときに肌の表面の汚れを十分に落とし切れないことや、

洗顔のやり方が肌に適切ではないと、顔のくすみの原因となります。

なので疲れて帰ったとしてもメイクを落とさず眠ることは、

スポンサーリンク

顔のくすみを作る元となってしまい、後々に響いてしまうのです。

 

 

顔のくすみに効果的な洗顔方法

 

あなたは洗顔のときにゴシゴシとこすってませんか?

それでは皮脂汚れをしっかりと取り除くことはできません。

また洗顔で十分に汚れを落とし切れないと、

 

  • ファンデーションののりが悪くなる
  • 肌がごわついてしまう
  • 毛穴が詰まりやすくなってしまう

 

などの問題が生じることになってしまい、

化粧のりが悪いと気分までのってこなくなります。

以下に正しい洗顔の方法をご紹介します。

 

顔のくすみに効果的な洗顔方法:

1、まず毛穴を開くためにひと肌くらいのお湯を顔に浸す

2、次に顔の表面の水分を軽く拭き取る

3、泡立て用のスポンジなどできめ細かい泡を作る(コツはスポンジの水気を取った状態から少しずつ水を足していくと手のひら逆さにしても落ちない固めの泡が作れる)

4、顔の中心から外側に円を描くように洗います(手が顔に当たらないようしっかり泡で洗うこと)

5、すすぎは優しく洗い流します(しっかりすすがないとくすみやニキビの原因になる

6、洗顔後は、柔らかいタオルで押さえるように水分を取ります。

 

以上が、顔のくすみに効果的な洗顔方法となります。

大切なのはきめ細かい泡を作ってその泡で顔を洗うことと十分なすすぎです。

これは自宅でできるので、肌対策をしっかりと行っていきましょう。