紫外線の量も増えだすと、

特にしみやしわ、乾燥による肌のダメージが気になりますね。

 

「これ以上シミを増やしたくない!」

「何としても紫外線のダメージを受けたくない!」

「少しでも綺麗な肌になりたい!」

 

そんな思いから美白化粧品への効果を期待して、

色々とネットで調べたり、実際に化粧品を使ってみたりと、

自分の肌を綺麗にするための努力をされていると思います。

 

 

美白化粧品に対する誤解

 

美白化粧品とは基礎化粧品であり、

その主な目的は「予防」することにあります。

なので既にできてしまったシミには効果は期待できないのです。

それは美白化粧品に含まれる美白の効果が期待できる成分が、

肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制することを目的としているからです。

 

基礎化粧品とは毎日のスキンケアが大切であり、

 

化粧水→美容液→乳液

 

と入浴後に毎日行うことで、シミやしわへの抑制を目指していきます。

なので既にできているシミやしわへは別の対策を考えましょう。

もちろん美白化粧品が全く効果がないというわけではないと思います。

シミができた直後なら上手く分解して消すことも可能でしょう。

 

美白化粧品を使ってもシミが消えないとがっかりすることもありますが、

それは目的が「予防」であるので、そもそもが間違っているのです。

 

 

既にできたシミへの対策には?

 

実は美白化粧品には「予防」するものが多いのですが、

蓄積されたメラニン色素を「漂白」するものがあります。

シミを消したいならこの漂白もできるタイプを選ぶことです。

スポンサーリンク

 

漂白できる美白化粧品に含まれる成分には、

 

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • コウジ酸

 

などがあり、特にハイドロキノンが効果的と言われています。

また、シミを漂白する助けとなるものに、

 

  • ビタミンCによる抗酸化作用
  • パルミチン酸レチノールなどの代謝促進作用

 

などがあります。

このような成分が含まれた美白化粧品には、

シミを漂白することで効果への期待も高まってきます。

美白化粧品を選ぶときには注意してみると良いでしょう。

 

 

シミを根本的に撃退したになら

 

シミを根本的に撃退して綺麗な肌を手に入れたいなら、

肌のターンオーバーと呼ばれる仕組みを知って、

このターンオーバーをの補助を考えればいいのです。

 

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの周期のことです。

28日周期で回ってくることが理想的だと言われています。

それよりも早くても、もちろん遅くても良くありません。

では、どのように補助してあげれば良いのかと言うと、

 

  • 美白化粧品
  • 美白サプリメント
  • UVケア

 

以上の3つのことを併用することです。

どれか1つではなく、3つを併用することです。

そうすることで、シミやしわを解消していきつつ、

綺麗な美白を手に入れることが実現させることができると思います。

あとは時間を掛けてじっくりとケアすることが大切です。

即効性を期待しがちですが、やはり時間は掛かるものです。