女性の主な肌の悩みと言えば、

シミ、くすみ、そばかすといったものではないでしょうか?

そして美肌を目指すことは、同時に美白を目指すことになります。

そのための正しい美白美容液の使い方と効果を知ることが大切です。

 

美容液とは、基礎化粧品のひとつであり、

化粧水、乳液と同じように毎日のケアとして行うことが重要です。

決して、特別な日の前やデート前の特別ケアでは効果が期待できないのです。

 

なぜなら、

 

美容液とは、トラブルを未然に防ぐことが目的だからです。

シミやしわなど、出てからではなく出る前に未然に防ぐことが重要です。

その重要な役割が美容液ということなのです。

化粧水だけではなく、プラスアルファのケアとして、

特に20代後半以降からは、美白のために美容液は必要不可欠です。

 

 

美容液とは?

 

では美容液とは一体、何なのでしょうか?

先ほどにもお伝えした通り、基礎化粧品のひとつです。

美容液には主に保湿成分や美白成分が強く含まれています。

 

化粧水で肌を整えた後に、そして乳液で保湿する前に使用します。

化粧水は補水、美容液は美白効果、乳液は油膜形成とそれぞれ役割があります。

 

つまり順番としては、

 

  1. クレンジングでメイクを落とす
  2. 洗顔で肌の汚れや洗い残ったクレンジングを落とす
  3. 化粧水で洗顔で失った水分を補水して肌を整える
  4. 美容液で肌に必要な栄養を補給する
  5. 乳液で油膜を張って蓋をする

 

以上の5つの流れの中で4番目に使用します。

美容液は、基本的にサイズが小さめで金額も割高です。

スポンサーリンク

それだけ成分が凝縮されて効果が高いからです。

 

20代後半以降からは、美容液を使うべきではありますが、

できれば20代前半から毎日のスキンケアとして行って欲しいところです。

 

 

美容液の効果とは?

 

美容液の効果には主に以下の3つがあります。

 

保湿効果:

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれており、

肌の内部の水分を維持してくれて乾燥対策になります。

 

美白効果:

ビタミンC、アルブチンなどが含まれており、

シミや日焼け対策としてメラニンの生成を抑えてくれます。

あくまでも予防が目的なので、毎日のケアが必要です。

 

アンチエイジング効果:

レチノール、ビタミンE、ナイアシンなどが含まれており、

年齢によって出るしわやたるみを抑えてハリや弾力を与えます。

しわやたるみは、コラーゲンの減少して皮膚がしぼむことが原因です。

こちらも毎日のケアによる予防が主な役割です。

 

 

美容液で大切なこと

 

美容液はそれぞれに目的があり、

選ぶ製品によって効果が異なってきます。

よってあなたが何を目的としたいかを明確にすることです。

 

ただ、何もしないよりは美容液を使った方が、

年齢を重ねるごとにその効果は大きな差となってくるでしょう。

毎日のスキンケアとして習慣にして綺麗な女性を目指しましょう。

 

2~3ヶ月に3000円のお金をケチってしまうか。

10年後、20年後の同窓会で昔の同級生と差をつけるか。

 

あなたならどちらを選択しますか?